« 進め!武蔵野うどん探検隊~その10~ | トップページ | 定番中華屋さんの夜定食 »

2005年9月20日 (火)

実直醤油

聖蹟桜ヶ丘駅前を通る川崎街道。 多摩川よりの一本裏手の細い路地に隠れ家のように潜むらぁ麺亀我楽。 京王ストアーに寄った帰り、以前食べたときのことを思い出し久し振りに立ち寄ってみた。 暖簾をくぐり店内に入れば先客が一人つけ麺を啜っている。結構旨そうなのだが、 ここのところ朝晩の涼しさのおかげで温麺を啜りたい気分。 ノーマルのらぁ麺を頼む。葱・叉焼・シナチク・ ナルトと中華そば然とした具材が綺麗に盛り付けられている。蓮華にスープを掬い喉へ流し込む。 鰹主体のスッキリとした魚介ダシがジンワリと口の中に広がる。 緩く縮れた細麺のプリっとした食感もなかなかのもの。半年以上振りに頂いたが、 やはり美味。演出系の様相ながらその実、 ジンワリとした優しさが心に響く
050920kigara_tenpo050920kigara_ramen
【らぁ麺 亀我楽(きがら)】
住所:東京都多摩市関戸2-39-15
電話:042-376-8462
営業:11:00~15:00,18:00~21:00 木曜休み Pなし
らぁ麺(600円)

9月 20, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/6141402

この記事へのトラックバック一覧です: 実直醤油:

コメント

コメントを書く