« 静かな湖畔のお蕎麦屋さん | トップページ | 潮の香りのトンコツ »

2005年9月12日 (月)

突発性トンコツ摂取症候群

今夜も発症してしまった。突発性トンコツ摂取症候群。 麺族の間で蔓延している不治の病。治療方法は無く、 トンコツラーメンの摂取による症状の軽減しか有効な手立ては見つかっていない。仕事も終わったし、 早速治療に向かわねば。 府中界隈で未だ訪れていないトンコツラーメン店満てん房に突入だ!
カウンター席に着き、ノーマルラーメンを頼む。麺の茹で上げはテボ。平笊で無いのが残念。 手早く仕上げられ、ラーメン登場。先ずスープを口へ。スッキリとした味わいのトンコツダシ。 どちらかと言えばタレが強め。雑餉隈のきくちゃん的味わい。 一見すると普通の細麺と思われた麺は、引き上げてみると、緩く縮れた極細麺。 多加水でも低加水でもない不思議な食感。強いて似ている麺を挙げるとすれば北九州の蒸しチャンポン麺か? 素材の一つ一つは既に味わったことがあるのに、これらが合わされると妙に新鮮摩訶不思議なラーメンだ。
050912manten_tenpo050912manten_ramen
【満てん房】
住所:東京都府中市宮町1-3-1
電話:042-368-5927
営業:11:00~翌1:00 休みなし Pなし
博多ラーメン(600円)

9月 12, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/6000295

この記事へのトラックバック一覧です: 突発性トンコツ摂取症候群:

コメント

コメントを書く