« 北九州面行脚~その2~ | トップページ | 熱列味噌ラーメン »

2005年8月11日 (木)

初体験、福生一番系列のつけ麺

ETCには0時~4時の間にJHの高速を使えば3割引になる深夜割引なるものがある。 長距離運転する私にとってこの3割引はかなり魅力的な数字。 夜中走れば渋滞も回避でき一石二鳥。時間的には今日いっぱいに辿り着ければ良いのだが、 チョイと早起きして東京へとんぼ帰り。京都~岐阜の間で少しばかり渋滞に見舞われたものの、それ以外はいたって順調。 おかげで14時過ぎには我が家に到着。朝早かったこともあり、少しばかり昼寝。ぐっすりと寝ること2時間余り。 睡眠が深かったのか頭はスッキリ。と、グルグルとお腹が鳴る。そういや、 眠気防止の為に昼飯抜きで走ってたんだ。愛媛では啜る時間が無かったことだし、 武蔵野うどんでも啜りに出かけるか!
心も軽く、立川・武蔵村山方面の武蔵野うどん店を行脚。が、たちまち心が重くなる。 訪れる店が軒並み臨時休業。早めのお盆休みに入った模様。 最後の頼みのえのちゃんうどんに行くもこれまた臨時休業。 仕方が無い、今日はうどんは諦めよう。そのかわり、隣の新撰組で一啜りだ。 先ほど前を通った時に目に飛び込んだのが「つけそば」の文字。 とんこつがメインの福生一番系列のつけそばは未食。店に入り食券機でつけそばを選ぶ。 ご主人に食券をカウンター越しに渡し出来上がりを待つ。程なくして山南つけそば登場。 つけ汁から香ばしい香り。トッピングの焦がし葱の香りだ。 つけ汁を先ずは一啜り。やや強めの酸味の後、トンコツダシと魚介ダシがガツンとくる。 結構パンチが効いている。 これにモチっとした食感の中太ストレート麺をつけてズズッと啜る。 小麦香る麺焦がし葱の香りが意外にもマッチ。 スルスルと麺が胃袋に消えていく。一番系列はトンコツラーメンが主体と思っていたのだが、 つけそばの出来も結構なもの。こりゃ、 他の系列店も回ってみないといけないな。

050811shinsengumi_tenpo050811shinsengumi_up
050811shinsengumi_tsuke 

【新撰組】
住所:東京都武蔵村山町伊奈平1-1-1
電話:042-531-3097
営業:11:00~24:00 休みなし Pなし(路肩に駐車スペースあり)
山南つけそば(750円)

8月 11, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/5477959

この記事へのトラックバック一覧です: 初体験、福生一番系列のつけ麺:

コメント

コメントを書く