« 北九州面行脚~その1~ | トップページ | 初体験、福生一番系列のつけ麺 »

2005年8月 9日 (火)

北九州面行脚~その2~

続いて向かうは小倉東IC近く、北部九州におけるうどんの風雲児津田屋官兵衛。 丁度昼食時の店内は順番待ちのお客さんの列。しかし、 テキパキとしたオペレーションのおかげでスルスルと列は進んでいく。 細打ちコシのあるしなやかなうどんが津田屋官兵衛をはじめとする豊前裏打会の特徴。 この麺と屏風の如くそそり立つごぼう天との組み合わせは間違いなく絶品なのだが、 それ以上に気に入っているのが、小麦の風味を追給した素朴うどん。 通常の麺とは全く正反対の特徴を持つこの麺が、 レギュラーメニューにあることが津田屋の奥深さに繋がっていると個人的には思っている。
程なくして順番が来る。素朴ぶっかけを頼み、注文の飛び交う厨房をしばし見物。 素朴うどんは別茹でとなるため時間がかかるのだが、 この時間を利用して厨房を眺めるのが一つの楽しみとなっている。 真剣な目つきでうどんを茹で上げるご主人の立ち姿は実にになっている。どれほど注文が殺到しても、 いささかのをも見逃さない姿勢には頭が下がる。
さて、丁寧に仕上げられて登場した素朴ぶっかけうどん。 ホンノリと灰色を呈した麺は何度見ても小麦本来の力強さをヒシヒシと感じる。 ご主人の弁によれば、弟子たちにはまるで蕎麦の様とあまり評判がよろしくないとの事だが、 そんな事はありませんぞ。これこそまさしく小麦!
だし醤油をクルリとかけて下世話に掻き混ぜズズっと啜る。 グイっと噛めば素朴うどんならではの小麦の根源的香りと甘み。 この力強さが堪らない!先ほど黒門で啜ったばかりなのにたちまち啜り終える。 帰福して啜ったのは3軒だけだが、北九州のこの2軒だけで充分に満足。安心して愛媛に行けるゾ。

050809tsudaya_tenpo050809tsudaya_up
050809tsudaya_soboku

【津田屋官兵衛】
住所: 福岡県北九州市小倉南区津田新町3-3-20
電話:093-475-7543
営業:11:00~16:00,17:00~20:00(水曜以外) 日曜休み Pあり
素朴ぶっかけ(450円)

8月 9, 2005 at 11:00 午前 うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/5476924

この記事へのトラックバック一覧です: 北九州面行脚~その2~:

コメント

コメントを書く