« FF店が手がけるラーメン店 | トップページ | 嗚呼良きもの哉トンコツ »

2005年8月28日 (日)

進め!武蔵野うどん探検隊~その7~

既視感に出会うことは年に何度かある。 所沢にあるうどん店あづまやの前に立った時、 久しぶりの既視感に覆われた。 質素な造りの製麺所とその敷地に立つうどん店。 生まれ育った四国の地で幾度となく目にした風景。 それがこの武蔵野の地にある。なんとも不思議な感覚。 その不思議さを引きずったまま暖簾をくぐり店内に入れば、使い込まれたテーブルと椅子。セルフで無いことを除けば、 まるで讃岐のうどん屋にいるような錯覚すら覚える。 肉汁うどんを注文し、お茶を入れ、新聞を広げて出来上がりを待つ。10分ほど経った頃であろうか。 丁度新聞を読み終わったところで肉汁うどん登場
綺麗な飴色の地粉のうどん。艶かしくおいでおいでと誘う。 その誘惑に抗うでもなく、肉汁にうどんを浸け込みズズッと啜る。讃岐的喉越しの良さを持っているが、 グイっと噛み込めば、密度ある歯ごたえ。と、 同時に広がる小麦の芳しい香り。肉汁のつゆは甘さ控え目でキレのあるダシ。 で丁寧にダシをとり、上質のかえしを使っていることが伺える。 噛み応えと喉越しが絶妙のうどんと切れのある肉汁の相乗効果で瞬く間にうどんが胃袋へと消え失せていく。 余韻を楽しみながらお茶を啜っていると、目の前に赤い急須が出される。なんと、 頼んだのはうどんなのに蕎麦湯が登場。ならばと、 肉汁に蕎麦湯を入れ啜ってみる。これが思いの他美味。 店の造りで驚かされ、更に蕎麦湯で驚かされ、嬉しい驚きで一杯。 これだから、麺行脚はやめられない。
050828adumaya_tenpo050828adumaya_seimen
050828adumaya_niku050828adumaya_up
【あづまや】
住所:埼玉県所沢市久米1637
電話:042-922-7175
営業:11:00~20:00 月曜休み Pあり
肉汁うどん(650円)

8月 28, 2005 at 10:00 午前 武蔵野うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/5699008

この記事へのトラックバック一覧です: 進め!武蔵野うどん探検隊~その7~:

コメント

武蔵野うどん探検隊も早七回目ですね。
文章も美味そうですが、加えて画像が!なんでこんなに美味そうなんでしょう。
一店くらい福岡に進出してくれないかな~。
なべカズさん、うらやましいっす。

投稿: OGT | 2005/08/30 23:46:34

キレのある食感の讃岐、ポワンと穏やかな福岡、野武士のような無骨さをもつ武蔵野とそれぞれに特徴があり、それぞれに舌を楽しませてくれます。
うどんというか、小麦の文化は奥が深いです。
北部九州では津田屋さんの素朴うどんが野性味という点では武蔵野に一番近いんじゃないでしょうか。

私としては、いつでも小麦冶やそが泉のうどんを啜れるOGTさんがウラヤマシイ!

投稿: なべカズ@日野 | 2005/08/31 9:04:22

コメントを書く