« 今夜もつけ麺まっしぐら | トップページ | 進め!武蔵野うどん探検隊~その1~ »

2005年8月 3日 (水)

敵は身内にあり

へのさんの「武蔵野うどん全店制覇企画どう? 」とのコメント。関東に転勤してからチョコチョコと食べ歩いてはいるものの、シラミ潰しとはいっていない。 ここは一念発起し、武蔵野うどんを極めてみようではないか。早速今夜から行動開始だ!と、 うどん屋巡りにやる気満々なのに思わぬところに伏兵が…。
「明日支払なんでヨロシク!」
見ると凄まじい書類の束。あと30分で終業時間が終わるというのに。 シューシューと額に汗しつつ、音速を超える速度で書類を点検するも、 片付け終わったのは21時前。無理だ…。 もうこの時間になるとうどん屋は開いてない。 まさか身内に我が企画の障害となる敵がいようとは…。
こんな自分を慰めてくれるのは優しいトンコツ。 肩を落としながら向かったのは聖蹟桜ヶ丘のめんこく亭。ここのトンコツは程よいトロ味が心地よいのだ。 店に入り食券機の前に立ったとき思わぬ文字が目に飛び込む。
「冷しジャージャー麺?!」
夏場限定のメニュー。激しく心が揺さぶられる。次の瞬間、躊躇無くボタンを押し、 店員に券を渡す麺馬鹿一人
程なくして冷しジャージャー麺登場。上に乗っている肉味噌には。見覚えあり。一口食べてみてピンときた。 New究極ラーメンに使っている肉味噌と同じだ。何もスープが無いのかと思いきや、 麺の下には胡麻ベースの辣ダレが。こりゃ、冷しジャージャー麺というより、冷し坦々麺やん! 下世話に掻き混ぜズズッと啜る。加水率高めの細縮れ麺とタレがよく絡む。結構イイんじゃない?一気に啜り終え完食。
冷しジャージャー麺の余韻に浸りつつ、明日こそはうどんを啜るぞと決意を新たにするのであった。

050803menkoku_tenpo050803menkoku_jaja 

【めんこく亭】
住所:東京都多摩市関戸3-17-1
電話:042-356-1629
営業:11:00~00:00(金土は02:00) 休みなし Pなし
New究極ラーメン(490円)
替玉(100円)

8月 3, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/5344686

この記事へのトラックバック一覧です: 敵は身内にあり:

コメント

コメントを書く