« 丁寧な仕事が光る塩そば | トップページ | そう、土用の丑の日! »

2005年7月26日 (火)

今宵も行くぞ冷し坦々麺

大型の台風7号が過ぎ去れば台風一過の爽やかな天気になるかと思えば、 現実は全くの正反対。夜だというのにウダルような暑さ。 夏バテ寸前の体に活を入れるにはカプサイシンが一番。ならば、 ここのとこハマッている冷し坦々麺。 今宵向かうは坦々麺(温)は既食なれど冷しは未食の所沢は龍の子。 今までに啜った坦々麺は韓国冷麺風、単純な冷し、汁無し風とそれぞれに異なった特徴を持っている。 ここ龍の子では如何なる冷しに出会えるのであろうか。
近くのコインパークに車を停めて早速に店内へと入り、迷うことなく冷し坦々麺をオーダー。 程なくして登場した冷し坦々麺はジャジャ麺風。トッピングされている肉味噌を崩し、 下世話に掻き混ぜてズルズルと啜る。と、控えめにかけられた芝麻醤ベースのタレの風味が鼻へと抜け、 その後から肉味噌の甜面醤の甘みが広がる。しかし、 そこは四川料理の店。 それが消える頃には芯のあるカプサイシンの辛味が口の中を刺激する。 加水率高めの細縮れ麺との絡み具合は絶妙で、 程よい辛さが食欲を増進させ、見る見る間に麺が胃袋へと消えていく。完食すれば、 全く汗はかいていないのに胃袋に熱さを感じるという不思議な感覚。 今まで食べたどの冷し坦々麺とも違う。当初冷しを食べ始めた時はここまでバリエーションがあるとは思わなかった。 今夜も冷し坦々麺の奥深さにヤラレタ

050726ryunoko_tenpo050726ryunoko_hiyashi
050726ryunoko_up

【龍の子】
住所:埼玉県所沢市日吉町9-2
電話:04-2921-7139
営業:11:00~24:00 休みなし Pなし
冷し坦々麺(750円)

7月 26, 2005 at 10:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/5186287

この記事へのトラックバック一覧です: 今宵も行くぞ冷し坦々麺:

コメント

コメントを書く