« 美麗醤油にほだされても | トップページ | 祝本格進出!四国の老舗カップ麺 »

2005年7月21日 (木)

不思議麺と不思議スープの妙

同僚を駅まで送るついでに立ち寄ったのは所沢の嘉藤。中華そばと銘打っているもの、その実、 鶏がらの中華そばではなく、創作系ラーメン。 そんな嘉藤の中華そばはお気に入りの一つ。 ここの中華そばに甚く惹かれている同僚とともに暖簾をくぐる。中華そばは幾度となく啜っているものの、 つけそばには食指が動かず未食。食わず嫌いというのはチョイとマズイ。 今夜は意を決してつけそばに挑戦だ。
食券を渡し、待つことしばし。先ずつけ汁が出され、続いてが登場。 味を確かめるべくつけ汁を蓮華に掬い一啜り。 中華そばのスープは酸味に一瞬驚かされるが啜るにつれ何の違和感も感じなくなる不思議なスープ。 つけ汁も味の方向性は同じで、それぞれの味がより濃厚になっている。 加水率低目のストレート太麺はその加水率に似合わず透明感ある乳白色を呈しており、 実につややか。魚介ダシのきいたつけ汁と麺を絡ませ、一気に啜る。 加水率の低い太麺はモチっとした食感になるのが通例なのだが、この麺はそうならず、 高加水率麺のようにプリっとした弾ける食感。これまた不思議。 不思議と不思議の醸しだすハーモニーについつい箸が進み、瞬く間に麺を啜り終える。 名残を惜しみつつつけ汁をチビチビと啜る。 トンコツ魚介のスープの旨さにただただ唸る。 今夜はつけそばに挑戦して正解。こうなると、 土日限定のとり塩そばが俄然気になる!

050721katou_tenpo050721katou_tsuke
050721katou_up

【麺屋 嘉藤】
住所:埼玉県所沢市日吉町19-12
営業:11:30~15:00,17:30(日祝17:00)~22:00(日祝) 休みなし Pなし
つけそば(730円)

 

7月 21, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/5169828

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議麺と不思議スープの妙:

コメント

コメントを書く