« ガツンと響くトンコツ魚介 | トップページ | 名店洋菓子屋のパンに舌鼓 »

2005年7月 9日 (土)

実直丁寧、定食屋の冷やし中華

FOMAに機種変してから感じたこと。機種変前のF504iSと較べてバッテリーの減りが早い。 今まで通話しなければ3日は確実に持っていたのが、 機種変後はギリギリ3日というとこ。おかげで電池切れもシバシバ。 こんな状況を打開すべく機種変後一週間で予備バッテリーを発注。movaだと3000円以上してたバッテリーだが、 FOMAのは2000円を切る価格。使用していて不満の多いP700iだが、 この点だけはあり難い。今日は予備バッテリーを取りに高幡不動のドコモショップまでお出かけ。 バッテリーを受け取った後は一啜りすべく駅ビルへ。 目指すは七匹の子豚。階段を登り、店に向かっていると、 とある幟に足が止まる。
凉風味 蒸し鶏と たっぷり野菜の 冷やし中華
大戸屋も人が悪い。こんな幟を立てられたら迷ってしまうではないか。 七匹の子豚大戸屋の前を行き来すること数分。 ようやく意を決して飛び込む。
「冷やし中華お願いしま~す!」
相も変わらず初志貫徹ならず。 テーブル席につき待つことしばし。程なくして冷やし中華登場。水菜、レタス、胡瓜、若布、トマト、 クラゲに蒸し鶏と実に具沢山。特に、 水菜の優しい緑とトマトの瑞々しい赤がイイ感じ。 勿体無いと思いながら、この盛り付けを崩し、上盛の具材と共に麺を啜る。 細打ち縮れ麺は加水率高目のプルっとした弾力あるコシが小気味よい。 酢の酸味も程よくイイ感じ。が、 つい先日頂いた孫市の冷やし中華と較べると今ひとつ。 大戸屋の冷やし中華は丁寧に作られていて充分ウマイのだが、比較対象が対象だけに分が悪い。 あの麺コクのあるタレを味わってしまうと、 余程の冷やし中華でないと満足しなくなってしまったようだ。

050709ootoya_tenpo050709ootoya_hiyashi

【大戸屋 高幡不動店】
住所:東京都日野市高幡116-10 京王高幡ショッピングセンター3 F
電話:042-591-5707
営業:11:00~22:30 休みなし Pなし
冷やし中華(724円)

7月 9, 2005 at 10:00 午前 その他の麺類 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4934062

この記事へのトラックバック一覧です: 実直丁寧、定食屋の冷やし中華:

コメント

コメントを書く