« 誘惑に負け今宵はアニョハセオ | トップページ | ガツンと響くトンコツ魚介 »

2005年7月 6日 (水)

我が家でスープカレーを頂けるシアワセ

今から遡ること30年以上前。北海道は札幌で始まったといわれるスープカレー。 今では北海道だけで100店以上あるといわれている。 スープカレーの激戦地札幌において人気を博している名店の一つに札幌らっきょがある。 この名店監修のスープカレーがハウスから遂に発売となったのである。その名も 「スープカリーの匠」。我が家の近くのスーパーで先日からその存在が気になっていたのだが、本日、 とうとう我慢しきれず購入と相成った次第。クッキングタイプ、春雨ヌードルタイプ、 レトルトタイプと3種類のラインナップのうち選んだのはクッキングタイプ。 足りない材料を買い揃え台所に立ち腕を振るう。
調理すること1時間弱。スープカリー様の出来上がり。今回はオーソドックスにチキン。 ごはんをスープに浸して口へと運ぶ。と、ウマイ!しっかりとした鶏・豚・ 海老のエキス。そして切れのあるスパイスが心地よい。 店で食べるスープカリー程では無いものの、家庭で作るスープカリーとしては充分以上。 今回試しに買ってみたインカのめざめなるジャガイモも甘みタップリでこれまた美味。つい、 スプーンが加速し、瞬く間に一合のご飯が胃袋へと消える。恐るべしハウス食品。 今回は芳醇辛口を選んだのだがもう一つの濃厚辛口もこれならイケそう。 本格的な夏突入を目前に一つ楽しみが増えた。

050706takumi_hako050706takumi_curry

【スープカリーの匠~芳醇辛口~】
発売元:ハウス食品
内容量:2皿分
価格:288円

7月 6, 2005 at 10:00 午前 カレー |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4864692

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家でスープカレーを頂けるシアワセ:

コメント

コメントを書く