« 我が家でスープカレーを頂けるシアワセ | トップページ | 実直丁寧、定食屋の冷やし中華 »

2005年7月 8日 (金)

ガツンと響くトンコツ魚介

今夜は孫市つけ麺でもと思い足を運んだのだが、 生憎臨時休業。普段ならガックッリ肩を落とすとこだが、 つけ麺に関しては案ずることは無い。 弘前軒という強い味方が我が家の近くにはあるのだ。 弘前軒のつけ麺は、かれこれ3ヶ月近く啜っていない。たまには家の近くで一啜りも良いもの。
家に荷物を置いてテクテクと歩くこと5分少々。暖簾をくぐり店内へ。地鶏叉焼のつく特製にすべきか悩んだが、 今日はシンプルに普通のつけ麺。ただし、 地鶏の代わりに味付玉子を追加。 カウンター内の厨房では茹で上げられた麺が水で〆られテキパキとつけ麺が仕上げられていく。 程なくして登場。
茶褐色のスープを啜れば、 程よい酸味と共に魚介ダシの風味が広がった後、 トンコツダシガツンと響く。相変わらずレベルの高いスープだ。 加水率高めの平打ち中太麺プルンとした食感が心地よい。 このスープと麺の絶妙のマッチングのおかげで300グラムの麺が瞬く間に消えていく。 麺を啜り終えた後は、 残った叉焼シナチクをつまみつつスープを楽しむ。 いつもながらシッカリした仕事には頭が下がる。

050708hirosakiken_tenpo050708hirosakiken_tsuke
050708hirosakiken_up

【弘前軒】
住所:東京都日野市南平9-44-11
電話:042-592-2517
営業:11:00~15:00,17:00~20:00(土日は11:00~20:00) 月曜休み Pなし
つけ麺(650円)
味玉(100円)

7月 8, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4932919

この記事へのトラックバック一覧です: ガツンと響くトンコツ魚介:

コメント

コメントを書く