« 慈しみの塩 | トップページ | 正真正銘江戸前の美味 »

2005年7月16日 (土)

下町和菓子の粋

車のトランクからチャリを取り出し本日のメイン、すずめやへとペダルを漕ぐ。 池袋の武蔵野うどんの店うちたて家に立ち寄った帰りに偶然見つけたどらやきの文字。 そして本日売切れの看板。とても池袋とは思えない下町情緒溢れる家並みのある一角に、 隠れ家の如く存在感を示す店構。どんなどらやきだろうと思い恋焦がれること一月余り。ようやく味わえる。 そう思うと弥が上にも心がときめく。明治通り近くの妙典示の門前。そこから見える細い路地。今日は売り切れの看板なし。やった! ゲットできるぞ!
丁寧な物腰で出てこられたご主人。どらやきを4つ頼む。と、 室蓋からどらやき様登場。その姿を見て失神寸前。 柔らかく黄金色に輝く皮。そして、ふくよかな膨らみ。 それを見ただけで仕事の丁寧さが伺える。口に含んだときの事を考えるだけで…。ああ、広がる妄想。 早く家に帰って食べたい!
で我が家に戻りお茶をいれ、早速頂く。口に含めばシットリとした舌触り、 フワッとした食感。小豆の存在感抜群の餡。非の打ちどころナシ。 こりゃウマイ!正に江戸和菓子の。虜になりそう~。

050716suzumeya_tenpo050716suzumeya_dora
050716suzumeya_up

【すずめや】
住所:東京都豊島区南池袋2-18-5
電話:03-5391-0196
営業:10:00~売り切れまで 日祝休み Pなし
どら焼き(150円)

7月 16, 2005 at 11:00 午前 その他の食べ物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/5027132

この記事へのトラックバック一覧です: 下町和菓子の粋:

コメント

コメントを書く