« 麺のチカラ、白河手打 | トップページ | 下町和菓子の粋 »

2005年7月16日 (土)

慈しみの塩

三連休初日。 今日はとあるものを手に入れるために池袋までお出かけ。コインパークに車を停め、 買い物に行く前に腹ごしらえ。 向かうは麺の量の多さで名を馳せている麺舗十六。ここの太目の自家製麺は優しい食感で、 特につけ麺が人気との事。今日は焼け付くような熱さだし、 つけ麺はまさに最適。細い路地をテクテクと歩くと目に付くは行列。 建物を見上げれば麺舗十六の看板。噂どおりの人気店の模様。が、回転は早いようで程なくして店内へ。 さあ、つけ麺を頂くぞ!
と、頼もうとした瞬間、目に付いたのが塩そば(細麺)の文字。汁物は熱いんだよなあ~。でも、 塩は魅力だな~。考えた結果出した答えは…
「塩そば、味玉つきで!」
何気なく次々と出される麺を見ながら、ホッとする。麺の量は小・並・ 並の多目。それぞれ170g・300g・ 400gの順で更に別オーダーで更に麺の量が増やせるとのこと。そして驚くべきは、 麺の量を増やしても追加料金なし。 隣の客の並の多目は既に丼からはみ出ている。 並を頼んでいてヨカッタ~。程なくして塩そば登場。刻み白葱、 シナチク、叉焼、海苔と至って平凡な盛り付け。蓮華にスープを掬い一啜り。と、 優しい煮干系の旨味がジンワリと広がる。 細打ちストレート麺はしんなりとした優しい食感。 この食感は片倉の多摩利屋、そして、マイ・ ソウル麺たる遠賀の黒門にも通じるものがある。 些細なことなのだろうがつい嬉しくなり箸が進む進む! 友人達に見栄を張って並の多目に悪戦苦闘している燐客を尻目に完食。 汗だくになったけで満足至極。 今度は是非是非太麺のつけ麺も味わいたい!

050716menpo16_tenpo050716menpo16_shio

【麺舗十六】
住所:東京都豊島区西池袋3-6-8
営業:11:00~スープ切れまで(概ね15時頃) 日祝休み Pなし
塩そば(550円)
味玉(100円)

7月 16, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/5024661

この記事へのトラックバック一覧です: 慈しみの塩:

コメント

おぉ!!麺舗十六
なべカズさんには珍しいメジャー店訪問ですネ^^
今年再訪しようか迷っているお店だったんですヨ。

麺舗十六でガッツリ「つけ麺」を食べたいなぁ~

投稿: えぬ(N) | 2005/07/19 21:18:01

一見すると演出系のようでありながら、その実しっかりした仕事が光る店でした。特に麺の旨さにホレボレ。
N(えぬ)さんには是非、残したらペナルティ500円の規格外大盛頼んで欲しいです(^-^)

投稿: なべカズ@日野 | 2005/07/20 0:31:43

コメントを書く