« 白河謹製冷麺 | トップページ | 誘惑に負け今宵はアニョハセオ »

2005年7月 4日 (月)

麺友の優しき心遣いにハラヒレホロ

日曜の夕方、 ごまひげさんと飲みながらの麺談義をすべく身支度を整えていると宅配便到着。 キンキンに冷えたダンボールを開けてみれば…。おお! 某S級店の持帰りラーメン福岡の有名店の明太フランスではないか。 午前中で店仕舞いだったり、スープの関係で夕方からの営業が得所中止になったりで中々ありつけず、 しばらくその事で落ち込んでいた憧れの店のラーメン。 早速食べたい!しかし、今から神田に行かなければならない。 後ろ髪を引かれる思いで冷凍庫に仕舞いこむ。ラーメン& 明太フランスよ、必ず食べてやるから待っているんだぞ!
電車に揺られること1時間余り。神田に到着し、麺馬鹿達の宴開始!麺類全般に話が飛び、 瞬く間に時間は過ぎ去り気が付けば22時過ぎ。ごまひげさんと堅く握手を交わし、 福岡での再会を約束する。 麺談義の中で言葉の端々に溢れていたごまひげさんのうどんへの情熱。 今年後半も豊前裏打ち会から目が離せない模様。
日は変わり月曜日。朝4時半に叩き起こされ家に帰り着けば20時過ぎ。体は完全にヘロヘロ。でも、 今日は案ずることはない。なぜなら、例のラーメンが冷凍庫で待っているのだ。スープを湯煎にして溶かし、 タップリのお湯を沸騰させ麺を投入。叉焼、葱、焼き海苔、味玉を用意し気合を入れて盛り付ければラーメン一丁上がり! 最近、凄まじくお客さんが増えたということでスープやや薄めという事だったが、 いざ啜ってみれば迫力あるとんこつダシグワっと口の中を襲いそんなことは微塵も感じさせない。 これこれ!待ち焦がれていた味だ。 泪が出るほどにウマイ。瞬く間に麺を啜り終える。 蓮華でスープを啜り余韻を楽しむ。と、半分ほど啜ったところで思いつく。土鍋を取り出し御飯を入れ、 そこにラーメンのスープを投じる。刻み叉焼、木耳、 葱をパラリと乗せ少しばかり煮込めばとんこつ雑炊出来上がり。 濃厚なスープと御飯とが思いのほか良く合う。プツッという音と共に食欲中枢がはちきれ、 食欲魔人と化する。
数分後…。お腹をさすり満足げな麺馬鹿一人出来上がり。身も心も癒されたぁ~! 私の忸怩たる思いを察してお土産を送ってくれた、心優しきフミオさん感謝!ひたすら感謝!!

050704iemen_ramen050704iemen_up
050704iemen_zosui

7月 4, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4849491

この記事へのトラックバック一覧です: 麺友の優しき心遣いにハラヒレホロ:

コメント

コメントを書く