« ついつい手が出る季節限定 | トップページ | 祝杯代りの一啜り »

2005年6月 7日 (火)

実直美麗、心休まる中華そば

夜7時過ぎ、ようやく仕事に一区切り付く。今宵の一啜りは明日への活力。本日立ち寄るは、 先日定休日で振られた孫市。帰り支度をしている同僚の前で、「白河中華そば~」 と呟いてみる。と、予想通り入れ食い。やはり、 同僚も先日振られたのが忸怩たる思いだったようだ。店の裏の駐車場に車を停めてイザ店内へ。 頼むは中華そば。そして、高菜ごはん。 しばし待てば綺麗に盛り付けされた中華そば登場。 底が見えるほどに澄み切ったスープは優しげな表情。 余計な飾りの無い炙り系叉焼と貝割れ大根が彩りを添える。 そしてスープを通して目に映る平縮れの手打ち麺は、 スープに負けず劣らず透明感に溢れている。思わず生唾を飲み込む。蓮華を手に取りスープを啜れば、 穏やかなれどシッカリとした鶏がらの旨味ジワリジワリと口腔に広がり口の中に溢れていく。 加水率高めの手打ち麺は瑞々しく、勢いをつけて啜れば口の中で小気味良いダンスを踊る。 グイっと噛みこめばプルンと弾ける。一つ一つの出来が秀逸かつ、 それぞれが絶妙のバランス。 今宵もまた、 本格白河手打ち中華そばを気軽に味わえる幸せを噛み締める。

050607magoichi_tenpo050607magoichi_ramen

【孫市(まごいち)】
住所: 東京都国分寺市日吉町3-31-2
電話:042-502-7051
営業:11:30~15:00,18:00~21:00 水曜休み Pあり
中華そば(600円)
高菜ゴハン(250円)

6月 7, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4491917

この記事へのトラックバック一覧です: 実直美麗、心休まる中華そば:

コメント

コメントを書く