« 新流八王子系 | トップページ | 隠れ家的武蔵野うどんの名店 »

2005年6月22日 (水)

うどん職人の技が光る塩

JR横浜線片倉駅。駅前に数軒の店が並ぶほかは住宅が広がる閑静な片田舎。 そんな駅前の通りを少しばかり歩けば左手にラーメンの幟が見えてくる。 特に目を惹くのが「塩らーめん」の貼り紙。真っ白な暖簾をくぐり店内へ。 中ではご主人がテキパキとラーメンを仕上げている。頼むは、やはり塩らーめん。 しばし待てば美麗な麺が登場。 丼の底が見えるほどの透明感溢れるスープ。 この中に細打ちストレート麺、その上に叉焼・シナチク・刻み葱・ナルト・水菜・ 茹で玉子がバランスよく綺麗に盛り付けられている。まるでよく出来た和食の様と思ったら、ここのご主人、 元々はうどん屋を生業としていたのだとか。
先ずは連現にスープを掬い一啜り。上品な鰹の香りの後にトンコツ・ 鶏がらの丁寧なダシが顔を出す。そして野菜であろうか、 上品な甘みが後口をスッキリさせる。相当に気を使ってなされた仕事である事が伺えるが、 それが押し付けがましく突出することがない。ご主人が元うどん屋というのも頷ける。 スープもさることながら麺がまた秀逸。口当りは柔いのだが、 噛みこめばそうでは無いことに気が付く。柔いのではなくしなやか。 スープを適度に含むことによって旨さを増していく。マイ・ソウル・ ラーメンである黒門に通じるものがある。 この界隈の否八王子系の中ではひときわ光る

050622tamariya_tenpo050622tamariya_ramen
050622tamariya_up

【多摩利屋】
住所:東京都八王子市片倉町22-1
電話:0426-37-2145
営業:11:30~15:00,17:00~20:00(スープ切れの場合閉店) 火曜休み Pなし
塩ラーメン(500円)

6月 22, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4741720

この記事へのトラックバック一覧です: うどん職人の技が光る塩:

コメント

なつかし〜の〜;;
昔この近辺に住んでおった。
片倉駅前の小さなスーパーは健在じゃろうか。
ちと調べてみたら、開発も進んで駅も増設されてるようで・・・
当時はラーメンブームなど無くて
八王子系どころか、
相模原にもほとんどラーメン店が無かったなぁ
そういや、16号線御殿峠手前に
細々と長浜ラーメン屋があったっけ

投稿: マニ | 2005/07/01 2:27:55

マニさんおひさです。

駅前の小さなスーパーは今も健在ですよ。
横浜線沿線も、いまや都心への通勤圏内なので、宅地化が進んでいますね。
今や、北野街道・野猿街道はラーメン店の宝庫ですよ。

一度、八王子に来られるとビックリすると思いますよ。かくいう私も、3年ぶりに関東に来て、様変わりに驚いてますから。

投稿: なべカズ@日野 | 2005/07/02 0:27:27

コメントを書く