« 帝都の東、秘境檜原の名水育む逸品に舌鼓! | トップページ | ついつい手が出る季節限定 »

2005年6月 3日 (金)

武蔵野ノ駅ビルニ本格四川アリ

高校時代に修学旅行のタイミングが数ヶ月合わなかったため訪れることが出来ず、 ここ20数年切望しつつ、未だ訪れていない彼の地へ明日行く予定。 その彼の地に行くにはパスポートなるものが必要らしい。 Webでパスポートの入手先を調べてみれば立川駅の高島屋にあるとの事。 仕事を切りの良いところで切り上げ、立川へと向かう。そして目的のブツの売り場へ。レジに並んでいるのは若い女性ばかり。 チト恥ずかしいが、これも明日の楽しみの為。 ディズニーストアーに中年オヤジというのは似合わない。晩御飯を餌に、 ウチの事務員に一緒に来てもらえってたらと後悔すること一頻。
店を出ると一挙に緊張が解け途端にお腹が鳴る。どこで一啜りしようかと少し立川駅を散策。と、 目に付いたのが駅ビルのグランデュオ7階にある中華街。 そこにある坦々麺の専門店。どんなものかと足を運びお客さんの食べている坦々麺を見れば、 結構本格的。カプサイシン中枢が激しく揺さぶられ次の瞬間、
「豚玉坦々麺くださ~い!」
と、躊躇無く注文を入れている麺馬鹿一人。待つこと数分。 登場した坦々麺はタップリの擦り黒ゴマ中国山椒が乗っている。 挽肉ではなく、薄切りされた豚肉と、真ん中に鎮座している生卵が印象的。蓮華にスープを掬い口に運べば、 たちまち広がる麻と辣の刺激。豚肉は甜の味付け程よく、 麻辣をより引き立てている。程よいコシのあるストレート麺は食感良く、たちまち麺を啜り終える。 シッカリとした旨味を感じるおかげで、麺が無くともスープに手が伸びる。 顔中汗だらけになり完食。我がカプサイシン中枢も満足した模様。 こんなところで本格坦々麺を食べれるとは思わぬ収穫

050603donraofu_tenpo050603donraofu_tantan
050603donraofu_up

【東老虎(ドン・ラオ・フー)】
住所:東京都立川市柴崎町3-2-1 グランデュオ7F
電話:042-540-2329
営業:11:00~22:00 休みなし P
豚玉坦々麺(1100円)

6月 3, 2005 at 10:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4479143

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野ノ駅ビルニ本格四川アリ:

コメント

コメントを書く