« 実直美麗、心休まる中華そば | トップページ | 厳ツキ名前に優シサ有リ »

2005年6月 8日 (水)

祝杯代りの一啜り

前代未聞の第三国無観客試合。 なのに試合を中継しているテレビからは応援の声が。なんと、 場外に集まったサポーター達の応援の声だった。 前半はヤキモキするような試合運びだったが、後半は一転、中盤の甘さは残るものの、 カミカゼ的気迫のある攻撃。結果、快勝! 二回目のワールドカップ決勝進出決定に同僚とともに喜びを分かち合う。実に気持ちが良い。 ビールと焼酎でいささか酔いが回っているが、喜びの一啜りで〆るというのが人の情。 嬉しい時にはやはりトンコツ。ならば、行く先は当然、「九州男児」
府中駅の繁華街へと足を向け、暖簾をくぐり、食券機でラーメンを選ぶ。 程なく登場したラーメンは奇をてらうことの無い実直ないでたち。 ダシと旨味スッキリ感のバランスが特徴的なスープと加水率低目の ストレート細麺が良く絡む。 炙りで少しばかり香り付けされた叉焼が良いアクセントになっている。 普段でもウマイのだが今日は格別ウマイ気がする。 勝利の美酒ならぬ一啜りに心を酔わせて麺馬鹿中年オヤジは家路に着く。

050608kyushu_tenpo050608kyushu_ramen

【潮ラーメン九州男児】
住所:東京都府中市宮町1-3-3
電話:042-335-1661
営業:11:00~深夜(時間不定) 休みなし Pなし
潮ラーメン白(600円)
味玉子(100円)

6月 8, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4577545

この記事へのトラックバック一覧です: 祝杯代りの一啜り:

コメント

コメントを書く