« GW帰福麺巡り その4 | トップページ | 疲れた体にシミ込むゼ! »

2005年5月 5日 (木)

GW帰福麺巡り その5

津田屋官兵衛での待ち時間の麺談議で挙がったのいちげん。 先日振られてしまったのがどうしても悔やまれる。 佐賀まで1時間少々か…。 気がつけば佐賀に向けて高速を走る麺馬鹿三人組。昼の部、ギリギリセーフ! と思いきやまたもや売り切れ閉店。 今日は完全にノックアウト。肩を落とし福岡へ逆戻り。 泣きながら辿り着いたのは百年橋のしば多。 ここのかけそばに慰めてもらおう。いや、まてよ。 今からタップリ12時間は運転しなくちゃいけない。 シッカリと腹ごしらえをしておかないと。たまには蕎麦屋の丼もいいかもと、 メニューを眺めていると丼にはミニそばが付くではないか。 早速に親子丼ミニかけそば付を注文。程なくして丼様登場。 蓋を取れば爽やかな山椒の香り。 いつもなら蕎麦から行くのにこの刺激にほだされてからかぶりつく。 半熟の玉子ダシのマッチは見事。 これに山椒が加わると後口がサッパリし、箸が進むしば多の丼物侮りがたし。 セットのかけそばは鰹の風味柚子の香りが食欲を刺激。 そして噛むほどに広がる蕎麦の風味。いつもながらいい仕事している。 ガツガツと米を頬張り、シミジミと蕎麦を啜る。 いちげんには振られたけれど、優しき蕎麦屋の仕事に助けられた思い。 さあ、これで気落ちすることなく東京に向かえるゾ!

050505shibata_oyako050505shibata_up

【そば処しば多】
住所:福岡県福岡市中央区清川3-12-1
電話:092-526-6808
営業:11:30~21:00 Pなし
親子丼(840円)

5月 5, 2005 at 11:00 午前 蕎麦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4055339

この記事へのトラックバック一覧です: GW帰福麺巡り その5:

コメント

コメントを書く