« 一串の情熱 | トップページ | 入間周辺武蔵野うどん巡り~その1~ »

2005年5月27日 (金)

質実なる中華そば

立川より旧友来る。夏の定期異動でこちらに来る予定になったという事で業務調整に来たついでに顔を出したのだ。 懐かしみながら話していると思わず麺情報Get!閑静な住宅街の中に、 結構イイ感じの中華そば屋があるとの事。道路地図を広げ、場所を教えてもらう。やはり、 持つべきは友だ
仕事を片付け、今週の仕事もこれにて終了。早速教えられた中華そば屋へと向かう。 駅からも遠く離れた住宅街の中に紺に白地で染め抜かれた暖簾。 目的の喜奴屋だ。暖簾をくぐり店内へ。当然、頼むは中華そば。 味は醤油と塩のうちを、麺は中太と細縮れのうち細縮れを選択。
程なくして中華そば登場。刻み葱、メンマ、海苔、叉焼のトッピング。 見た目はお世辞にもがあるとはいえない。しかし、 薄褐色の透明感あるスープが何かしら骨太なものを感じさせる。 スープを蓮華に掬い先ず一口。表面に薄く浮かんだ油が甘みを感じさせると同時に、 魚介節系旨味香り広がり スッと切れて行く。塩味控えめで実に潔い。 細縮れの玉子麺はツルシコとした食感でスープと良く絡み、心地よいハーモニーを奏でる。 見た目は素っ気無いが一度口にすれば確かな仕事を感じる。 正統派の中華そばと方向性は異なるが、「質実・清廉」という言葉が似合う一杯だ。

050527kinuya_tenpo050527kinuya_ramen
050527kinuya_up

【喜奴屋】
住所:東京都立川市一番町5-5-2
電話:042-531-2929
営業:11:30~15:00,17:00~20:00(スープ切れ次第終了)
中華そば()

5月 27, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4336537

この記事へのトラックバック一覧です: 質実なる中華そば:

コメント

コメントを書く