« 入間周辺武蔵野うどん巡り~その2~ | トップページ | 山に麺に、東京の秘境を満喫 »

2005年5月28日 (土)

入間周辺武蔵野うどん巡り~その3~

本日最後となるのはさわだ。国道16号線扇町屋交差点を西へと進むこと2km少々。 山手にある豊泉寺への道の途中に店舗はある。パッと見には単なる民家にしか見えない。 「手打ちうどん」の幟が無ければ見過ごすであろう。 そんな所にさわだはある。
幸いなことに、さわだの近傍に住む同僚に大体の場所は聞いていたので迷わず到着。 民家としか思えない玄関。 暖簾をくぐり座敷に上がる。元々は集会所だったのだろう、 何故かステージがある。 そのステージに置かれている急須にお茶葉を投じお茶を入れる。 本日頼むは当然肉汁うどん。程なくして登場。
汁椀に別出しされたつゆを注ぐ。つゆを啜ってみる。鰹・昆布・椎茸をダシとした極々普通のダシ。 ただ塩分は強め。そして、無骨な太いベージュ色の麺。 相当に小麦が詰まっているようで、コシがあるというよりも強(こわ)い。重量感のある麺。 そしてこれまた塩分強め。このうどんを口にした時に「シマッタ」 と思った。さわだに来る前に既に二連食。胃袋の余裕はそれほど無い。 ここに重量級の麺はカナリ堪える。 うどんの原点のような素朴かつ重量のあるこのうどんは最初に食べるべきであった。 自ら頼んだものは全て啜るというのが麺族としての意地。味わえたのは半分まで。 残り半分はタダひたすら胃袋に押し込むのみ。 全てを啜り終えた時には体の毛穴という毛穴から麺が飛び出しそうな状態。嗚呼、 Nさんのような胃袋が欲しい!
狸のように膨れたお腹をさすりながら家路に向かっていると新緑も鮮やかな茶畑が広がる。 入間周辺は狭山茶の産地。産地ならではの光景である。そういえば、 さわだで頂いたお茶は結構旨かったな。

050528sawada_tenpo050528sawada_niku
050528sawada_ocha050528sawada_up

【さわだ】
住所:埼玉県入間市根岸461番地
電話:04-2936-1726
営業:11:30~16:00頃 日曜・月曜休み Pあり
肉汁うどん(400円)

5月 28, 2005 at 12:00 午後 武蔵野うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4341408

この記事へのトラックバック一覧です: 入間周辺武蔵野うどん巡り~その3~:

コメント

なべカズさん、食べすぎですょ~…武蔵野3連食。うらやましぃ!もうKO寸前デス。
なんとかしたいなぁ、今週中にメドつけて予定立てねば…体がもたない(笑)


投稿: ごまひげ | 2005/05/31 2:58:45

流石に短時間での連食は効きました。
小麦の詰まったうどんは、「牧の」の「カタ」のようにお腹の中で成長するので油断は禁物です。
私も、この調子で食べ続けていると体が持たない…(爆)

投稿: なべカズ@日野 | 2005/06/01 8:02:49

コメントを書く