« 山に麺に、東京の秘境を満喫 | トップページ | 武蔵野ノ駅ビルニ本格四川アリ »

2005年5月30日 (月)

帝都の東、秘境檜原の名水育む逸品に舌鼓!

先日の三頭山登山の後で立ち寄ったのは温泉麺処だけでは無い。 ここ、檜原の水は極めて良質名水あるところに豆腐屋あり。 たちばな家で中華そばを啜った後、 払沢の滝入り口近くにあるちとせ屋へ。ここの豆腐はやや高目なのだが、 ひっきりなしにお客さんがやってくる。そして、我々も列の最後に並び順番を待つ。色々悩んだ挙句、 チョイスしたのはざる豆腐厚揚げ。 今夜の夕食はこの二品を使った豆腐料理だ。といっても、男料理は至ってシンプル。 ざる豆腐はブロッコリーの芽や刻み葱等の薬味と合わせて冷奴で、厚揚げは中に豚肉と味噌を挟んで、 はさみ焼きに。 ほとんど手を加えていない料理だがこれらを頬張れば唸るほどウマイ。 豆の旨味がビシバシと食欲中枢を刺激する。良い素材の威力を心行くまで楽しむ。阿亜、 食楽哉

050530chitoseya_01050530chitoseya_02

【ちとせ屋】
住所:東京都西多摩郡桧原村5557
電話:042-598-0056
営業:9:30~17:00 火曜休み Pあり

5月 30, 2005 at 10:00 午前 その他の食べ物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4469660

この記事へのトラックバック一覧です: 帝都の東、秘境檜原の名水育む逸品に舌鼓!:

コメント

コメントを書く