« 奥多摩うどんポタ~その1~ | トップページ | 週に一度のホットな日 »

2005年5月15日 (日)

奥多摩うどんポタ~その2~

奥多摩湖手前の橋を渡り、 石畳の道を少しばかり進めば本日の折り返し地鴨足草(ゆきのした)に到着。 風格ある門をさらに奥に進み店内へ。多摩川を一望できる店内からの風景は中々のもの。 今日頼むは里御膳。 うどんではないのかと思われるかもしれないが案ずる無かれ。 ここは郷土料理とうどんがセットになって出てくるのだ。そして、 ここの名物がセットでついてくるずり出しうどん。 お湯の中に入っているうどんを生醤油と薬味で頂くというもの。 湯だめぶっかけを合わせた感じだ。
先ず、郷土料理が出される。山の幸を楽しんでいると、 続いて待望のずり出しうどん登場。 うどんの中に木葉状のものが乗っている。何かと思えば蕎麦がき。 なんと、 蕎麦うどんとのコラボレーション。 思わず頬が緩む。やや扁平なうどんを椀にとりクルリと醤油をかけ薬味を載せて啜る。 食べ方がシンプルなだけに素材の味がダイレクトに伝わってくる。 優しい噛み応えのうどんを啜れば口いっぱいに広がる地粉の香り。 またもや武蔵野うどんの奥深さを知る。
鴨足草を後にして〆の蕎麦を啜るべく立川へと向かう。が、再び雨に降られる。とても店に入れる状態ではない。 仕方なく蕎麦を諦めて我が家へ。後で知ったのだが、 私が為す術なく打たれた雹は都心も襲ったとの事。秩父で発生した雷雲が見事に東京都を縦断したのだとか。 イヤハヤである。

050515yukinoshita_tenpo050515yukinoshita_sato
050515yukinoshita_udon

【鴨足草(ゆきのした)】
住所:東京都西多摩郡奥多摩町白丸360
電話:0428-83-3363
営業:11:30~17:00 月曜・火曜休み Pあり
里御膳(1400円)

5月 15, 2005 at 11:00 午前 ポタリング, 武蔵野うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4234764

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩うどんポタ~その2~:

コメント

コメントを書く