« 奥多摩うどんポタ~その2~ | トップページ | 魚介と魚介のハーモニー »

2005年5月16日 (月)

週に一度のホットな日

麻婆豆腐が食べたい。それも、 四川の誇る陳麻婆豆腐が食べたい。 東府中の近くに四川料理店はあるもののチト敷居が高い。 だからと言って万豚記に走るのはあまりにも安易過ぎ。 近場の四川料理店情報を集めている中で気を引いたのが武蔵境の好好(ハオハオ)。ただ、 気になるのが麻婆豆腐単品の注文は受け付けないとの情報。断られてたらそれまで。とにかく行ってみる。
武蔵境駅の南側を線路沿いに500m程歩けば目的の好好麻婆豆腐ライスを恐る恐る注文してみる。 あっさりと注文が通ってしまった。お客さんが誰もいなかった事が幸いしたのか?! そんな戸惑いを意に介する様子も無くご主人は中華鍋を振り始め瞬く間陳麻婆豆腐登場! 黒胡椒と山椒が印象的な麻婆豆腐を蓮華に掬い口へ。と、 山椒の麻と供に黒胡椒の刺激、 その後からが襲ってくる。この麻婆豆腐が凄いのはここから。 辣の後からマトンからであろう旨味が迸る。 普段なら御飯と供に頂くのだが、つい夢中になり麻婆豆腐だけをひたすら口に運ぶ。
片栗粉によるトロミなぞいらない。豆腐と肉と香辛料のみで絶品麻婆豆腐は出来る。そんな事を教えられたような気がする。 次回訪れるときは知人を誘い、大人数で楽しみたい。 間違いなく皆笑顔になるはずだ。

050516haohao_tenpo050516haohao_mabo

【好好(ハオハオ)】
住所:東京都武蔵野市境南町2-1-21
電話:0422-32-8297
営業:12:00~14:15,18:00~23:00 火曜休み Pなし
陳麻婆豆腐(900円)

5月 16, 2005 at 10:00 午前 その他の食べ物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/4237160

この記事へのトラックバック一覧です: 週に一度のホットな日:

コメント

コメントを書く