« 艶やかなる桃色吐息 | トップページ | 利便重視的中華厨房 »

2005年4月 4日 (月)

鮮烈!爆裂!カプサイシン

ここのところ、いわゆる四川系坦々麺とはご無沙汰だ。 無性にに身を任せたくなる。 カプサイシンに中毒性があるのではないかと思う瞬間だ。 今宵向かうは際コーポレーションの広げるチェーン店万豚紀。 職場から最も近いのは国分寺だが生憎コインパークやパーキングエリアは満杯。 仕方なく国立へと河岸を変える。近くのコインパークに車を停め店内へ。 頼むは麻辣坦々麺中ライス。ここで店員の一言。
店員「この店で一番辛い麺なんですけど?」
なべ「え?汁なしタンタン麺は?!
店員「あ、それが一番で、麻辣は二番でした!」
なべ「・・・・・・」
何はともあれ、坦々麺ライス登場。 丼の中に広がるは。 ひたすら。 世の中にそれ以外の色が無いが如くひたすら赤!赤!赤! 挑戦的な面構え。血気走る。蓮華に掬い、 売られた喧嘩を買わんと口に運ぶ。先ず感じるのはの爽やかな刺激。 その後からグイっとカプサイシンの攻撃が始まる。しかし、 この坦々麺が只者ではないのはここから。確かにとんでもない刺激で、 ドロっとしたスープは相当な濃度。にもかかわらず、 麻辣に負けないだけの旨味をシッカリともっている。思わずスープをライスにかけて味わってしまう。 これが実に美味!ナンバー2の麻辣坦々麺でこの快楽ということは、 ナンバー1の汁なし坦々麺だとどんなことになるのだろう?!

【万豚紀(ワンツーチー)国立店】
住所:東京都国立市富士見台2-2-32
電話:042-577-4069
営業:11:30~14:30,17:00~23:00(土日は中休み無し) 休みなし Pなし
麻辣坦々麺(780円)
中ライス(150円)

4月 4, 2005 at 10:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3608881

この記事へのトラックバック一覧です: 鮮烈!爆裂!カプサイシン:

コメント

コメントを書く