« 本来の味を取り戻した安旨トンコツ | トップページ | 浮気心で中華そば »

2005年4月13日 (水)

ちゃんぽんを支えるトンコツに誑かされる

昼休み、職場の同僚と週末福岡で買ってきたepiを身ながら盛り上がる。 特に熊本の太平燕は相当に珍しかったらしく、かなりの食い付き様。 上盛の美麗な魚介を見ているうちに頭の中を駆け巡るはちゃんぽん。 近くで満足度の高いちゃんぽんといえば国分寺の長崎亭。 帰宅途中にチョイと立ち寄る。店に入りちゃんぽんを頼もうとした時、 事件は起こった。隣の客の啜るラーメンからトンコツの良い香り。 気が遠くなっていく。今日はちゃんぽん食べに来たんだぞ。 シッカリせねば!
数分後、ライスをパクつきながらラーメン啜る欲望に敗れたオヤジの姿が。 スープを啜ればガッシリとしたトンコツ臭。タレの味付けといい、 ストレート細麺の食感といい相当に博多チック。 やや濃い味付けの叉焼はそのままではしつこくなりそうなのだが、 ライスと共に食べると実に美味。しっかりしたトンコツスープが、 美味なちゃんぽんを支えているのか?

【長崎亭】
住所:東京都国分寺市南町3-18-5
電話:042-323-0891
営業:11:00頃~01:00頃 日曜休み Pなし
ラーメン(630円)
定食追加(130円)

4月 13, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3718257

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃんぽんを支えるトンコツに誑かされる:

コメント

コメントを書く