« 無事が何より | トップページ | 清き水の贈り物 »

2005年3月20日 (日)

山里の美味麺

麺友の安否がある程度分かり一安心。 少し時間は遅くなったが今日も一啜りに出かけるか。折角の三連休だし、 行楽をかねて山里へでも行ってみよう。向かうは桧原村。前回、 払沢の滝を見に来た時に見つけたたちばな家。 実に滋味な中華そばが印象的だった。最近、連荘で美味なる中華そばに出会っている。はたして、 最初出会った時と印象は変わっていないだろうか。
車を走らせること約1時間。目的のたちばな家に到着。 店に入るとご主人が一心不乱に麺を打っている。見事な手つき。 思わず見とれそうになるが、まずは注文。本日頼むはワンタン麺
ご主人が打ち上げた麺が早速茹がかれる。程なくして登場。綺麗に済んだ琥珀色のスープ。 綺麗なほうれん草。そして、今では見ることの少なくなったナルト。 それに小ぶりのワンタン。スープを啜れば、鶏がら&野菜に控えめな魚介ダシ。 実に滋味。 白河の手打ちとは対照的なツルッとした低加水のストレート麺は小麦の香り豊か。 最初口にした時、ワンタンはやや小さいかと思ったのだが、食べ進めてみると、 スープや麺との相性が良いことに気がつく。しかし、結果、 普通のラーメンとの違いを感じにくくなっている。 ここのラーメンはスープと麺だけで完成の域に達しているのではないのだろうか。


【たちばな家】
住所:東京都檜原村本宿5574
電話:042-598-0029
営業:11:00~19:00 火曜休み Pあり
ワンタン麺(850円)

3月 20, 2005 at 11:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3375793

この記事へのトラックバック一覧です: 山里の美味麺:

コメント

コメントを書く