« 旧知の土地にて素肌美人に出会う | トップページ | 無事が何より »

2005年3月19日 (土)

中華麺とトンコツの思わぬ出会い

夜麺は洗車ついでに国立方面へ。先日の雨にはシッカリと黄砂と花粉が混じっていて愛車は斑模様。 昼間、ぜんやに行く途中洗っていこうと洗車場やスタンドに寄ったのだが、 三連休の初日ということも災いしてどこも満杯。流石に夜になれば空いているだろう。 と踏んだのだが相変わらず行列。ま、昼間よりは状況はマシ。大人しく並んで順番を待ち、洗車終了。さて、 腹ごしらえだ。向かったのは九州一番。 今夜は以前より気になっていたジャジャ麺。カウンターに座り注文し、出来上がりを待つ。程なくし登場。 細切りされた白葱の下に肉味噌。 更に下にはラーメンと違い炒められた細縮れ麺が。 啜ろうとすると更に登場。中にはトンコツスープが。 お好みで使ってくれとの事。思わず顔が綻ぶ。先ず肉味噌と麺を混ぜて啜る。 肉味噌は辛味よりも旨味が主張するタイプ。 椎茸をはじめとする乾物系が旨味を複雑なものにしている。 程よく啜ったところでトンコツスープを足してみる。 小細工のない直球のトンコツが脳髄にガツンと来る。が、低加水・細打ち・ ソトレート麺でないのが残念。と、よく品書きを見てみると、 ストレート細麺も選べるではないか。後悔先に立たず。と、 悔やんでいるとテレビではごくせんの最終回が始まっている。早く家に帰って見ないと!

【九州一番 国立店】
住所:東京都国立市谷保546-1
電話:0425-71-6322
営業:11:00~22:00(土日~24:00) 休みなし Pなし(店の前に路駐可)
ジャジャ麺(750円)

3月 19, 2005 at 11:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3375004

この記事へのトラックバック一覧です: 中華麺とトンコツの思わぬ出会い:

コメント

コメントを書く