« ワンタンの底力 | トップページ | 中華麺とトンコツの思わぬ出会い »

2005年3月19日 (土)

旧知の土地にて素肌美人に出会う

ここのところの悩みのタネ。それはえぬ(N) さんのホームページ。S級店の食べ歩きだけならまだしも、 コスト度外視の自作麺。 こんなの見せられたらストレス溜まるのに決まっている。 自作麺が無理ならせめて東京のS級店に行かなきゃストレス解消できず。本日向かうは 「とびきりの一杯」で紹介されているぜんや。 新座界隈は埼玉在住時に結構ウロウロしたのだが、ここには縁なく未食。 実は新座付近は一本気、鬼火山といった塩の有名店が点在している。その中での塩ラーメンや如何に?!
えぬ(N)さんお勧めだけに、行列を覚悟していたのだが、運良く客が途切れて、 更に運が良いことに駐車場も空いている。ラッキー!気分良くカウンターに座り、 デフォルトノぜんやラーメンを頼む。程なくして登場。見た瞬間の第一印象は素肌美人。 褐色がかった透明なスープに太縮れ麺。品良く添えられたほうれん草が美麗。まずスープを啜る。 見た目どおりの変に小細工をしないストレートな塩味。が、あとからジワリと鶏の旨味と野菜の甘みが。 更に節系の香りが。シンプルそうで深い味。硬めの麺は小麦の香りがシッカリ。しかし、 この硬さは好みの分かれるところ。啜り終えて店を出ればもう15時近いというの次々とお客さんが訪れ、 店は満員御礼。この塩の旨さならこの客の入りも納得。ここのところ塩ラーメンとはご無沙汰だったが、 久しぶりに旨い塩に会った気がする。
しかし、最後に悲劇が。店の写真を撮ろうとしたときデジカメが落下。 電源を入れれば液晶がアウト。また修理か~。このデジカメもこれでケース以外新品。 またリリーフ用のデジカメを出さなきゃ。

【ぜんや】
住所:埼玉県新座市野火止4-9-8
電話:048-477-2232
営業:11:30~スープ無くなり次第(概ね16時頃) 火曜水曜 Pあり
ぜんやラーメン(600円)

3月 19, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3374673

この記事へのトラックバック一覧です: 旧知の土地にて素肌美人に出会う:

コメント

コメントを書く