« 武蔵野の地の育んだ麺 | トップページ | コラボレーション的うどん »

2005年3月14日 (月)

春のウララの天麩羅三昧

最近、目に見えてストレスが溜まる。というのも、へのさんフミオさんてんもりさんえぬ(N)さん達九州麺族の面々が佐賀の S級店を次々と訪れている。遠く関東の地において指を咥えてみていなければならないというのは、 全く持って体に悪い。穏やかな季節になった頃を見計らって、 九州S級店巡り麺ポタを画策せねば!
さてさて、終業時間になりとっとと家に帰ろうとすると、イキナリ書類の山出現。泣きながら片付ける。 21時過ぎ、ようやく仕事終了。強烈に腹が減る。 職場の近くの食堂はこの時間になるとことごとく閉まっている。府中駅までテクテク歩く。 今日はサクっと食べれる松屋で牛丼かな。 松屋に近づいたところでてんやのポスターが目に入る。 春盛天丼?!激しく惹かれる。牛丼はいつだって食べれる。旬のものに変更だ。 カウンターに座り天丼の出来上がりを待つ。と、 間もなくラストオーダーとの声。危なかった…。 ほうじ茶を啜りながらホッとしていると天丼様登場! 丼の上に乗るは海老以外に筍、アスパラ、菜の花、メバルに鱚。 確かに春爛漫。 ここの天麩羅は格別なものではなく、至って普通なものだが、旬の食材の力は凄い。 実に美味なるものになっている。空腹であることも相まって瞬く間に完食。 4月に入れば季節ものは桜海老の掻き揚げ丼になる模様。こりゃ楽しみ!

【てんや府中店】
住所:東京都府中宮町1-3-1
電話:042-330-3510
営業:11:00~22:00
春盛天丼(750円)

3月 14, 2005 at 10:00 午前 その他の食べ物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3301394

この記事へのトラックバック一覧です: 春のウララの天麩羅三昧:

コメント

コメントを書く