« 演出上等!美味なる支那そば | トップページ | 春のウララの天麩羅三昧 »

2005年3月13日 (日)

武蔵野の地の育んだ麺

職場に行けば悪い予感的中。そこには書類の山が築かれていた。泣きながら書類を片付け、 我が机の上に平和が戻る。休日だというのに疲労困憊。ああ、腹減った! ちょいと精のつくものがいいな。精がつくものの代表といえば。 麺で肉の王様と言えば肉うどん!なに?チャーシュー麺やパーコー麺は王様じゃないのかって?当然、王様である訳はない。なぜなら、 今宵啜るのは肉系うどんだから。それ以外が王様になると話が続かなくなる。
肉系うどんを求めてたどり着いたのは府中駅の有名ラーメン店らいおんのすぐ近くにある武蔵野うどん。 関東というとラーメンや蕎麦のイメージがあるが、ここ、武蔵野や多摩の地は古来より小麦の産地。 意外に身うどん文化が根付いているのだ。席に着き頼むは肉もりうどん
ここの店の良いところは頼んでから茹で上げるところ。時間はかかるがその分、麺をしっかり味わえる。 茹で上がりを待つ時間口寂しい方はおでんを召し上がれ。待つこと10分少々。 肉もりうどん登場!つけつゆを啜ると、 鰹系の芳醇なダシと絶妙な酸味。甘めに味付けされているが、 この酸味で後口がさっぱりとしたものになる。 このつけつゆに浮かぶ豚ばら肉肉もりうどんの特徴だ。 ふすまが若干入っているのであろうか、わずかながら灰色がかった麺はキッチリと角がでており、 艶やかではないが端正。つゆにつけてズズッと啜る。と、 小麦の良い香り。小麦がぎっちりと詰まったような重厚な歯ごたえ。 讃岐にはない食感。これまた楽しませてくれる。実直な姿勢がそのまま映し出されたようなうどん。 地味なれど滋味。飲んだ帰りに思わず寄ってしまいそう。

【武蔵野うどん】
住所:東京都府中市府中町1-5-5
電話:042-368-6340
営業:11:30~00:30(日祝は23:30) 休みなし Pなし
肉もりうどん

3月 13, 2005 at 11:00 午前 武蔵野うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3291931

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野の地の育んだ麺:

コメント

コメントを書く