« 下町の粋の光る魚介に巻かれる! | トップページ | 王様はエライ! »

2005年3月12日 (土)

府中の下町の粋なラーメンはここにもあった

今日は午前中に車検の終了した愛車を取りに行き、 そのまま駿河湾で漁の始まった桜海老に身も心も委ねる予定だったのだが、 アクシデントが。ブレーキ本体に交換の必要な部品があり、土曜日には引き渡せないとの事。 代車が無いか聞いてみると、現行のレガシィならあるとのこと。これ幸いと借り受ける。
電気屋に移動し、携帯の機種変更の価格をチェック。 発売当初から狙っているPremin2ことSO506i。大分下がってきたものの17000円と、 FOMAへの機種変更よりも高い。まだ待ちだな。 職場の宴会のデジカメ写真の焼き増しを頼み、 目的のふくみみへと移動。
中華そばが売りのこの店、開店時間が短い上に日曜は休みなので、 以前から気になりつつも未訪だった宿題店だ。 店に入り食券機で中華そばを選ぶ。と、 豚まぶし御飯なるものが気になる。ええい、気になったら押してしまえ。 食欲中枢よ暴走だ!
軒を渡してカウンターに座る。程なくして中華そば登場。 綺麗に澄んだスープ。 品良く乗せられた貝割れみじん切りされた。 まずスープを啜る。一口で無化調とわかる切れのある味。 節系の魚介だしとコクをつけるための豚骨ダシのダブルスープ。 醤油の味も控えめ。実に滋味。麺は加水率低目のストレート細麺。 小麦の香りがシッカリと立つ。これまた穏やかに旨い。 叉焼は煮込み系のトロトロタイプ。 唯一疑問だったのは叉焼。トロトロゆえ、 スープのダシの出方が弱いとバランスを壊してしまう可能性が大である。実際、 時間が経つと溶け出した油によってスープの風味が失われていくのがハッキリと感じられる。 スープのバランスと麺の出来が良い故に抱える問題ともいえる。返して言えば、 ここの中華そばはそれくらいレベルが高い


【ふくみみ】
住所:東京都府中市美好町1-19-6
営業:11:30~15:30 日月祝休み Pなし
中華そば(500円)
豚まぶし御飯(200円)

3月 12, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3276525

この記事へのトラックバック一覧です: 府中の下町の粋なラーメンはここにもあった:

» 府中「ふくみみ」の中華そば〜。 トラックバック マサ’ズ ウェブサイト
久しぶりに、おいしい醤油ラーメンを食べたという感じ。 とても繊細な味で、麺・スープの ハーモニーも素晴らしい、と思いました。 場所がちょっとわかりづら... 続きを読む

受信: 2005/04/05 10:21:08

コメント

ここは隠れた名店というか
本当に美味しいですね。
府中と言えば、「らいおん」の名が挙がりますが
僕としては「ふくみみ」ですね。

マサでした。

投稿: マサ | 2005/04/05 10:18:29

ガツンとした演出系の「らいおん」もイイ感じなのですが、ふくみみの優しさお方が好みです。
ただ、開いている時間が短いので、仕事帰りには「ふうや」で啜ってます。

投稿: なべカズ@日野 | 2005/04/07 0:50:51

コメントを書く