« ワンダホー!な自動車部品メーカー | トップページ | 梅は咲いたが桜はまだかいな »

2005年3月 8日 (火)

色物か否かそれが問題だ

先週ぶっち隊長が復活し、色物の麺類、 通称「色麺」から開放。再びまともな麺道を歩める。仕事を終えて同僚と馬鹿話。 先日行った石焼ラーメンの話を皮切りに高幡不動周辺の食べ物屋談義から始まり、東府中の食べ物屋談義へ。 その中で出てきたのがレモンラーメンなるもの。 日本テレビのぶらり途中下車の旅に出たこともあるのだとか。 レモンラーメンかぁ…。イカン、色麺は止めたはず。でも体が勝手に…
抵抗するも空しく、10分後にはカウンターで「レモンラーメンひとつ!」と叫んでいる麺馬鹿一人。 何やかんやと言いながら、お馬鹿な麺に惹かれてしまう性が悲しい。さて、レモンラーメン登場。 その名のとおりレモンの輪切りが浮かんでいる。スープは透明感ある醤油スープ。 麺は加水率低目の細縮れ麺。まずはスープを一啜り。普通の醤油味にレモンの酸味が効いているだけ… と思ったら意外にもダシにコクがある。 魚介系の和風のみでなく動物系が入らなければこの強さは出ない。 強いダシが続くとしつこさが残るのが通例なのだが、 柑橘の力で後口はさっぱりしたものとなっている。 確かにぶっかけうどんには酢橘が良く合うし、 かけ蕎麦に柚子で風味を与えている例もある。元来、 濃い目のダシに柑橘は相性が良いものなのだ。 そう考えるとレモンラーメンも名は奇天烈なれど手法は全くもって正道なのかもしれない。 ただこの店、牛乳ラーメンなるものもある。 果たしてこちらも正道なのか?!

【味彩】
住所:府中市清水が丘2-1-13
電話:042-354-3700
営業:11:45~15:00,17:00~24:00 月曜休み Pなし
レモンラーメン(650円)

3月 8, 2005 at 11:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3238876

この記事へのトラックバック一覧です: 色物か否かそれが問題だ:

コメント

コメントありがとうございます。
まだまだ未熟なもので、うれしい反面すごくはずかしです。
初めてHPにこさせてもらったんですが、レモンラーメンですか、味の想像がつきません。
以前讃岐で麺にレモンを絞るつけ麺タイプのうどんは食べた事があるのですが。
これからもよろしくお願いします。

投稿: シロ | 2005/03/10 20:54:23

シロさん、いらっしゃいませ。
論より証拠で、生麺タイプの醤油ラーメンにレモンを絞ってみると分かりますよ。
ラーメンとしては味わったことが無いけれど、ぶっかけうどんに酢橘やレモンを絞った時に近い感覚です。ラーメンの薬味と言えば、葱か胡椒が相場ですが、柑橘系もアリかなというのが感想です。

投稿: なべカズ@日野 | 2005/03/10 23:45:31

コメントを書く