« 東府中老舗の味 | トップページ | 中堅オッチャンからの刺激 »

2005年3月 1日 (火)

懐かしき店に立ち寄り、その成長に目を見張る

今日も恵比寿で試験。A4用紙10枚の論文を仕上げて提出。 運動不足の脳細胞に急に負荷をかけたものだから相当に悲鳴を上げている。 頭を使えば腹が減るのはこれ自然の摂理。一旦職場に戻ってから夕食を取ろうと考えていたのだが、 持ちそうに無い。帝都東京で行き倒れになろうものなら末代までの恥。孫が 「お前とこのお爺ちゃんって、一啜りを我慢したばかりに行き倒れになったんだって?あ~、格好悪い麺族!」 と苛められるのは明々白々。苛め→麺を口にしない→楽しみの無い不幸な人生。 イカン、ここは何が何でも啜って帰らねば!
しかし、この恵比寿周辺は恵比寿ラーメン、香月、英、九十九、山頭火等魅力的な店が一杯。う~ん、 子孫のことを思いやるというのも大変なものだ。信号待ちでしばし考える。よし、 大宰府に本店のあるあの店に行こう!

決まれば行動は早い。サクサクと恵比寿の街を闊歩。 途中戸越銀座に移転したえにしのあった通りを歩く。 店舗はコンサル系のおでん屋に改装されている。諸行無常。 駒沢通りを歩き明治通りに当たると…あった!目的の萬友だ。ここ、 恵比寿の萬友は大宰府大佐野の萬友からの暖簾別け。 去年の夏に追加メニューとなった岩海苔ラーメンがメニューにある。本店とは密接にリンクしている模様。 本店で美味だった岩海苔ラーメンに惹かれつつも、3年ぶりにどう変化したか確かめるべくラーメンを頼む。 ちなみに、ここ恵比寿店では平麺太麺とが選べる。 選んだのは当然平麺。程なくしてラーメン登場。と、 魚介ダシの芳しい匂いがフッと広がる。ん?以前はこれほどの香りはしなかったぞ。 蓮華にスープを掬い一啜り。なんと!魚介ダシが洗練されそして濃くなっている。 以前は甘さで辻褄を合わせていたのが、素材を生かした直球の味になってきている。 3年前は大宰府本店が確実に上だったのに、 今では恵比寿店の方が間違いなくだ。 平打ち麺は加水率低めで奇をてらわない素直な味と噛みごたえ。叉焼は炙り&煮込み系のモモ肉で実に美味。 激戦区恵比寿で本店には無い海苔味玉子が付いてたった 100円増しの600円。 この地で客をつかみ続ける店の本気を見た気がする。

【萬友】
住所:東京都渋谷区広尾1-16-2 K&S恵比寿ビルⅡ1F
電話:03-3280-3591
営業:11:00~04:00(土日祝~17:00) 休みなし Pなし
ラーメン(600円)

3月 1, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3134473

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしき店に立ち寄り、その成長に目を見張る:

» だだ トラックバック 今宵の勝負レストラン
恵比寿だだ ジャンル:おでんと焼酎 予算@¥3,000〜¥4,000 恵比寿辺りで勝負をしている猛者どもの中に、仕事などで予定外に第一ラウンドが遅いゴングになってしまった輩はいるだろうか?時計の針はすでに朝の5時前。試合終了のゴングか?「もう少し時間があれば・・・この勝負に勝てる!」と思っているのに、無常にも鐘が鳴ってしまいそうな時である。そんな時にオススメなのが、この「恵比寿だだ」である。毎日朝7時まで営業し�... 続きを読む

受信: 2005/06/04 7:47:14

コメント

コメントを書く