« ~東の地の冬山で心癒される~ | トップページ | ~ミッション・アンコンプリート~ »

2005年2月11日 (金)

~名は体を現さず?!~

讃岐の地におけるS級のうどん店。 その中でも名前の意外性の点でナンバー1といえば谷川米穀店であろう。 名前だけ聞くととてもうどん屋とは思えない。 ここ関東においてもこの巨匠に比肩しうるラーメン店があった。その名は「池谷精肉店」 !絶対ラーメン店とは思わない。というか、この名前聞いたら普通は肉を買いに行くっつうの! ここは元々私のお気に入りの一つである福生の一番系列だったのが系列を離れて独自の道を歩み始めた店だ。 店名の由来は実家の屋号を頂いたのだとか。 名前は奇天烈なれど由緒は正しい
本日ここにて食するは中華そば。つけ麺が売りのなのだがあえて外す。 というのも、中華そばなら酢の酸味に惑わされずダシの味をしっかり確かめれるからだ。 登場した中華そばはコンサル系の店舗の出す演出度タップリの魚介系濃厚醤油。一口スープを啜る。 鼻に抜ける香りは魚粉系。 そして舌触りもザラっとしておりこれまた魚粉系。 麺は中太ストレートの低加水麺。乾麺的コシが小気味よい。 叉焼は炙り系ではなくトロトロの煮込み系で味も強め。でも濃い目のスープに良く合う。しかし、 このスープ濃厚なれど喉越しよく後口スッキリ。 この爽やかな後口は間違いなく化調主体では出ない味真面目に作っているなあ。このスープならつけ麺いけるゾ! 次回の注文は決まりだ。

【池谷精肉店】
住所:東京都あきる野市秋川2-10-8
電話:042-550-6440
営業:11:30~15:00,18:00~22:00(土日11:30~21:00) 月曜休み Pなし
中華そば(650円)

2月 11, 2005 at 11:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3085497

この記事へのトラックバック一覧です: ~名は体を現さず?!~:

コメント

コメントを書く