« ~Nさんカキコに誘われ今宵も出会うは優しき麺~ | トップページ | ~名は体を現さず?!~ »

2005年2月11日 (金)

~東の地の冬山で心癒される~

へのさんの 難所ヶ滝satoyan 背振山系行脚と雪と氷に彩られた冬の山々のレポ。 両名の素敵な写真は全く持って体に悪い。よし、冬山に行こう! 天気予報を見れば金曜日が一番天気良さそう。行く日は決まった。カシミールを開き、地図を眺める。決定。 目指すは東京都最高峰の雲取山。朝、目を醒ませば8時過ぎ。イカン、 寝坊してしまった。山道具を車に積み込み出発。11時登山道入り口到着。 身支度を整え登山開始!
登山道は断続的に雪に覆われ所々アイスバーンになっている。 三条の湯を過ぎ水無尾根をひたすら登っていく。小さな尾根を越えるところで視界が開ける。 屏風のように切り立つ山々絶景。 歩を進め雲取山へ続く尾根との合流点三条ダルミに到着。ここで一息。 限界を感じ軽アイゼン装着。雪の上についた足跡を頼りに山頂を目指す。が、この足跡、 途中であらぬ方向へ。結果、雪に覆われた断崖を登る事に。 なんとか山頂へたどり着きホット一息。山小屋で本日の昼食、「鍋焼きちゃんぽん」 を頂く。まあ、普通の蒸し麺& ありきたりのインスタントスープなのだが空腹は最高の調味料。瞬く間に全てを啜り終える。 食事の後はコーヒーで一服。冬山で景色を楽しみながら飲むコーヒーはインスタントでも格別にウマイ



【雲取山】
標高:2017.1m
路程:6.5km(片道)
高低差:1080m(累積2548m)

2月 11, 2005 at 10:00 午前 山麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3085487

この記事へのトラックバック一覧です: ~東の地の冬山で心癒される~:

コメント

コメントを書く