« ~トンコツ塩にほだされる~ | トップページ | ~Nさんカキコに誘われ今宵も出会うは優しき麺~ »

2005年2月 9日 (水)

~武蔵野の地にも実直トンコツあり~

仕事を終えて気になる麺処に行くも生憎定休日。 一度刺激された麺中枢がそう簡単に収まるわけはない。はてさて困ったぞ。思いを巡らす。 近傍に一番系列の店舗は何軒かあるが、 困ったときにいつも一番系列ばかりでは芸が無い。トンコツ、トンコツ…。お、そうだ! 聖蹟桜ヶ丘にいい感じのとんこつラーメン店があったはず。早速向かう。程なくして店に到着。 カウンターのみの細長い店内に入りラーメンを注文。手早く仕上げられ瞬く間に登場。 細麺とんこつ系がいいなと思うのはこのテンポだ。 注文すればアイヨとばかりに小気味良いリズムでラーメンが差し出される。 蓮華を手に取りスープを掬って一口啜る。 ゼラチン多目のスープはトロっとしている。が、 不快な臭みは一切無く、あくまでもゼラチン質はやさしく舌を覆う。 そしてジワっととんこつダシの旨みが染み出す。 口当たりは濃厚そうでも実は切れのよいスープ。細麺との絡み具合も良く、 啜るスピードも加速する。当然替玉注文。再び啜る。 やや濃度の落ちたスープに豆板醤を入れると、程よい辛味が刺激となり食が進む進む! スープを全て啜り終え完食。 味わう程に真面目に作っていることをヒシヒシと感じる一杯であった。

【めんこく亭】
住所:東京都多摩市関戸3-17-1
電話:042-356-1629
営業:11:00~00:00(金土は02:00) 休みなし Pなし
究極ラーメン(490円)
替玉(100円)

2月 9, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3085421

この記事へのトラックバック一覧です: ~武蔵野の地にも実直トンコツあり~:

コメント

コメントを書く