« ~ジンクスに翻弄され定食に救われる~ | トップページ | ~名店を食し白河の凄さを知る~ »

2005年2月18日 (金)

~バランスとは難しきものかな~

昼ご飯を食べに職場内の食堂まで歩いて行く途中に桜並木がある。一時の冷え込みもすっかり緩み、 昼になれば小春日和だ。おかげで桜のつぼみも日毎にふくらみを増している。 確実に春は近づいている。春といえば異動の季節。 我が職場も例に漏れず何名かが異動の予定。 今夜は新しく着任する上司が来訪するということで酒を酌み交わすことに。 夕方から始まった宴が収まりを見せたのは22時過ぎ。みっちり5時間は飲んだくれた事になる。 全く持って仕方の無いオヤジ連中だと我ながら思う。それにしても、オエライさんと一緒の宴会は、 どうも食が進まない。帰りに一杯引っ掛けていくとすっか。
こんな時食べたいのは優しい塩とんこつ。 九州の地ならば容易にありつける塩とんこつも、 ここ関東の地においては… などと考えていると頭に浮かんだのが九州男児。 メニューに塩とんこつがあったはず。府中駅までテクテク歩き、 下世話な歓楽街へと歩を踏み入れば九州男児。店に入り券売機を眺めると…、あった! 究極の塩とんこつ。これだこれだ。
カウンターに座り仕上げられていく様子を眺める。と、目に留まったのが炭火で炙られる叉焼。中々香ばしそう。程なくしてラーメン登場。 まずスープを一啜り。 ゼラチン的とろみの中からジワっととんこつダシが顔を出す。しかし、 この味は何処かで味わったような…。食べ進めていくうちに気が付いた。 聖蹟桜ヶ丘めんこく亭と同じ系統の味なのだ。 メニュー構成や価格からは繋がりがあるとは思えない。おそらく、 まろやかなとんこつを目指した結果が似たような味になったのだろう。不思議なものである。 炭火で炙られたバラ肉の叉焼は香ばしく旨い。が、スープのまろやかさにマッチしていないのが残念。 下手に上盛を豪華にしないでシンプルに味わえれば好印象なのに。

【潮らーめん九州男児】
住所:東京都府中市宮町1-3-3
電話:042-335-1661
営業:11:00~深夜(時間不定) 休みなし Pなし
究極の塩ラーメン(830円)

2月 18, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3085632

この記事へのトラックバック一覧です: ~バランスとは難しきものかな~:

コメント

コメントを書く