« ~本家の慈愛~ | トップページ | ~ジンクスに翻弄され定食に救われる~ »

2005年2月15日 (火)

~広東系中華食堂に惚れる~

我が家への帰り道、ここ東京に引越してからずっと気になっている店がある。 北野街道沿いの小さな店だが存在感抜群。が、 帰宅時間が遅いために通りかかった時は常に暖簾が仕舞われた状態。しか~し、 今夜はうず高く積み上げられた書類に三行半を突きつけ、 職場からとっととトンズラ。車で店の前を通れば、看板には明かりが。よかった、 今日は間に合ったゾ。家に車を止め、チャリに跨りいざ出陣。
店に入り坦々麺を頼もうとした時、目に入ったのが日替わり定食。 野菜炒め、麻婆茄子、サイコロステーキの中から選べて800円。魅力的だ。しかし、 ここで挫けてはいけない。後ろ髪を引かれつつも坦々麺&小ライスを注文。 厨房から心地よいシズル音が響く。注文が入ってから肉味噌を作っているようだ。 こいつは期待できる。そして程なく坦々麺登場。 肉味噌とホウレン草というシンプルなれど食欲を沸き立たせるトッピング。 スープを啜れば鶏がらと干し海老系の旨みがジュワ。 続いて控えめな芝麻醤の香りが広がり、そして唐辛子の、 最後に八角と山椒のが後口をさっぱりさせる。 四川系の一つ一つがガツンとしたパンチのあるのも好みだが、 流れるように変化の楽しめるこの坦々麺も捨てがたい。麺は細縮れ、 程よいコシで中々良い食感だ。少し残したスープにご飯を入れ雑炊状にしズズっと啜る。う~む、お腹一杯& 美味!優しく丁寧な味にホロリとなる。


【中華一竜】
住所:東京都日野市南平8-14-18
電話:042-591-6773
営業:11:00~21:00 月曜休み Pなし
坦々麺(750円)
小ライス(110円)

2月 15, 2005 at 10:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3085594

この記事へのトラックバック一覧です: ~広東系中華食堂に惚れる~:

コメント

コメントを書く