« ~白河の技に酔う~ | トップページ | ~広東系中華食堂に惚れる~ »

2005年2月13日 (日)

~本家の慈愛~

さんは全くもって罪な人だ。 そして孫市一番・胤暢番は罪な店だ。 あれほどの絶品の中華そばを味わされて心を動かされない人がいるだろうか? 特に麺馬鹿には劇薬にも等しい美味& 滋味なる中華そば。 あんなの食らったら一発で撃沈間違いなし。 それが証拠に私はいま東北道東京に向かって走っている。 今日は一番・ 胤暢番で中華そばを味わった後は檜原村に豆腐求めに行き、 夕食は湯豆腐にする予定だったのだが、 世田谷を出た後は西へ向かわず北へ向かってしまった。目指したのは当然、 本家とら食堂。国道4号線をひた走る事4時間少々。 田園に囲まれた地にとら食堂はあった。 暖簾をくぐり中華そば味玉を頼む。 程なく登場した中華そばはホウレン草、叉焼、刻み葱、支那竹と王道。スープは優しい鶏がらの香り。 蓮華に救い口に運べば、トンコツが強さを出しつつも鶏がらダシが優しく包む。そして醤油の香りも芳醇。お昼に食べた一番・ 胤暢番と比べると明らかにスープのスッキリ感が違う。 ダシが違うというよりも水の違いのようだ。叉焼は炙りの香りが香ばしい。 そしてホウレン草がウマイ!味玉も文句なし。 一番驚いたのは麺が違うという点。 太平麺では無く中細平縮れで食感はやや柔目なれど、 この柔さがスープと良く合う。全てを啜り終え店を後にする。と、 気が付く。胃に感じる重さが孫市や一番・ 胤暢番と異なり明らかに軽い。舌だけでは感じれないところにも違いがあるようだ。 改めて白河中華そばの奥深さを知る


【とら食堂】
住所:福島県白河市大字双石滝ノ尻26
電話:0248-22-3426
営業:11:00~14:30,16:00~18:00 月曜休み(日・祭日は通し営業) Pあり
中華そば(630円)
味玉(100円)

2月 13, 2005 at 11:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3085567

この記事へのトラックバック一覧です: ~本家の慈愛~:

コメント

コメントを書く