« ~本能にしみいる麺~ | トップページ | ~肉味噌って奴は…~ »

2005年1月28日 (金)

~滋味ならず地味なれど心打つ~

仕事が爆裂していたのが山を一つ越えて、 少しばかり余裕が出ててきた。そうなると麺行脚したくなる。 職場への行き帰りの際、国立府中IC近くに妙に気を引く看板がある。その名も 「九州一番」。かなりベタな名前である。暖簾は真新しいものの、 店内はコンサル系とは程遠いヤレた中華食堂的でモロ好み。 明日は休日出勤で身動き取れないから、晩御飯代わりに一啜りしていくとしよう。
暖簾をくぐりカウンターに座る。そして長浜ラーメンを注文。程なくして登場。 出てきたラーメンの表情を見て思わず顔がほころぶ。 関東で食べる長浜系のラーメンは土地柄を反映してかタレで茶色が強かったり、 具材が妙に多かったりと艶やかなのだが、 このラーメンは実にシンプル。福岡の街中で食べるラーメンのように木耳、刻み葱、海苔、 叉焼と何の変哲も無い。スープを啜ればこれまた素直な豚骨ダシ。 タレは変に主張することなく、ニンニクや鶏がらスープなどでの小細工は一切無し滋味では無いが気持ちが良いほどに地味だ。麺は細麺ストレート。 ただし、なんの注文もしないとやや柔目の茹で上げだ。スルスルと麺を啜り替玉。 味を調えるためにテーブルに置いてある肉味噌を少量入れる。この肉味噌、 肉はほとんど入っておらず限りなく辛子高菜に近い。しかし、ピリっとした唐辛子が食欲を増してくれる。 妙にホッとする味。我が家の近くにこんな店があったとは。 メニューには坦々麺もある。 仕事帰りにチョクチョク寄ってしまいそうだ。

【九州一番国立店】
住所:東京都国立市谷保546-1
電話:0425-71-6322
営業:11:00~22:00(土日~24:00) 休みなし Pなし(店の前に路駐可)
長浜ラーメン(600円)
替玉(120円)

1月 28, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3085119

この記事へのトラックバック一覧です: ~滋味ならず地味なれど心打つ~:

コメント

コメントを書く