« ~誘蛾灯に惹かれるがごとく立ち寄るは~ | トップページ | 山麺冬の年末登山~その2~ »

2004年12月25日 (土)

山麺冬の年末登山~その1~

激しく雨が降りしきる中、satoyan、てん子もり、 ゆか嬢をピックし基山PAへ。ここで、take4、tyu、まんぢ、 とんこつマニアの男組と合流。 久々に合う麺友の姿にジワっと胸が熱くなる。 登山口に到着しても断続的に小雨が降る。重い空気の流れる中、 取成し上手のsatoyanに乗せられ登山開始。単調な道が続き、こんな道は飽きたなあと思っていると、 林が消えると同時に突如雪の気配。 カーブを曲がった途端に一面銀世界。一変する風景にしばし見とれる。 少し休息を取り東峰へ。周りの山並みは見えないものの、銀世界が楽しませてくれる。 山頂で記念撮影後マタエに降りここで昼食。 本日は金ちゃんきつねうどん鍋焼。 グツグツと煮込まれアツアツになったうどんが氷点下の世界にいることを忘れさせてくれる。自然の作った雪の芸術を眺めつつ、 食後のホット烏龍茶。冬山登山の醍醐味の一つだ。 登山開始の時は重かった気分も今は晴れ晴れ。足取り軽く下山。と、 雲は厚いものの雨はすっかり止んでいる。
登山を堪能後はまんちゃんの隠れ家での宴会。温泉で疲れを癒し、宴会開始! Nさん特製の一杯いくらするのか考えただけで恐ろしくなるラーメンで小腹を満たした後、 take4&Satoyanのダブル鍋奉行によるモツ、寄せ、 豆乳の鍋に舌鼓を打ちつつドンチャン騒ぎ。そして気が付けば布団の中。 途中で気絶したらしい。目をこすり起き上がれば、 待っていたのはNさん特製のつけ麺。ああ、幸せ! 気心知れた麺友との宴に身も心も温められた



12月 25, 2004 at 10:00 午前 宴会, 山麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3084762

この記事へのトラックバック一覧です: 山麺冬の年末登山~その1~:

コメント

コメントを書く