« ~普通のうまさにグっとくる~ | トップページ | ~所謂ひとつの~ »

2004年12月 1日 (水)

~似ない上に非なるもの~

週末、新撰組に行った帰りに見かけた久留米ラーメンなる文字。気になる。 気になりっぱなしは体に悪い。特段悩む事も無く車に乗り込み出発。記憶を頼りに走っていると…無事発見。 駐車場に車があまり停まっていないことが気になりつつも店に入る。 テーブルに置かれているメニューはファミレス風。 少しばかりイヤな予感がする。 メニューをみると久留米のはずなのに味噌や醤油があるのに替え玉がない。 不安がさらに募る。無難であろう豚骨ラーメンを注文。程なく登場…のはずが中々出てこネい。 首をかしげていると、ようやく登場。登場したラーメンを見た瞬間、 いやな予感度が更に上がる。恐る恐るスープに隠れている麺を箸で上げると、確信に変わる。 絶対に久留米ラーメンではありえないものが。そう、麺がストレート中細麺ではなく、 天童の麺を彷彿させる平太の縮れ麺。 スープはこれに合わせてなのか妙にショッパイ&インスタント的。 眉間に皺を寄せつつ何とか麺を啜り終える。そして心の中で叫ぶ。「これのどこが久留米やねん!」


【壱徹屋】
住所:東京都昭島市中神町1-23-14
電話:042-541-5004
営業:11:00~24:00
豚骨ラーメン(609円)

12月 1, 2004 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3065529

この記事へのトラックバック一覧です: ~似ない上に非なるもの~:

コメント

コメントを書く