« ~今日も情報(うわさ)に踊らされ~ | トップページ | ~限定ってなに?~ »

2004年12月 6日 (月)

~中国家庭料理的坦々麺~ No.420

仕事を終えて甲州街道を我が家へと向かう。久々に車で出勤してみたのだが、渋滞で思うように進まない。 やはり街中では電車が一番早い。信号待ちで何気なく辺りを見回していると、ふと目に止まるものが。「四川坦々麺」の幟。渋滞はいつまでも続くものではない。 食事をしている間に流れは良くなるに違いない。渋滞の列から外れ、駐車場に車を止め、店内へ。 厨房からは威勢の良い中国語が飛び交っている。 メニューをみるとそそられるメニューが盛りだくさん。特に麻婆豆腐に目が行く。 しかしここは初志貫徹黒胡麻坦々麺を頼む。 待っている間、 先客に次々と運ばれていくオコゲ鉄鍋餃子。 ビールが飲みたい。でも、今日は車。残念
程なくして坦々麺参上!挽肉は少なめなものの、 モヤシとセロリが綺麗に盛り付けられており端正ないでたち。 まるままの唐辛子がひときわ鮮やかだ。 スープを啜れば芝麻醤の胡麻の風味に鶏がらダシがしっかりと存在を主張する。 麺は太さはごくごく常識的な中細麺。食感はプリっとしていて結構好み。山椒の刺激は少な目ながら、 セロリの香りがサッパリした印象を与えてくれる。メニューでは「激辛」 の表示があったが、心地よい辛さ。ただ、 食べ進めればしっかりと汗が滲む。残ったスープにご飯を入れて雑炊風にして楽しむ。 ああ~美味。おいしそうなメニューが盛りだくさんなだけに、今度はビールを嗜める態勢で訪れたいな。

【祥龍房】
住所:東京都府中市三好町1-7-2
電話:042-362-6902
営業:11:30~14:00,17:30~23:30 休みなし Pあり
黒胡麻坦々麺(790円)

12月 6, 2004 at 10:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3065811

この記事へのトラックバック一覧です: ~中国家庭料理的坦々麺~ No.420 :

コメント

コメントを書く