« ~振られてもタダでは転ばぬ麺族の性~ | トップページ | ~トンコツだけではなかった一番系列~ »

2004年11月 9日 (火)

~ああ、麺神よこれは試練か?~

昨夜振られた亀我楽(きがら)。やっぱ気になる。今日こそはと思い、 聖蹟桜ヶ丘で下車して向かう。ん?今日は明かりがついてないぞ。思わず駆け寄る。 そこには貼り紙が。なんと、本日は臨時休業。 なんで昨夜立ち寄ったときに言ってくれなかったんだよお!と、 悪態つくも店が開くわけでなし。仕方が無い、今日はおとなしく帰ろう。昨夜と同様、肩を落としながら歩く。 同じ道を通って駅に行っても面白くないと思い一つ通りを変えてみる。すると、中華の良い香りが。 店の中を覗くと会社帰りと見受けられるサラリーマン達が中華定食に舌鼓を打っている。 ショーケースに目をやると、なんと坦々麺があるではないか! これはまさしく麺神の思し召しか?!。店に入り、定番の坦々麺& ライスを頼む。程なくして坦々麺登場。丼が結構大きい。 蓮華に掬ったスープを啜ってみると、なんだか味が弱い。決して薄い味ではないのだが、 何となく水っぽい。ダシが弱いのであろうか。普段ならライスをスープにぶち込むのだが、 今ひとつ思い切れず。良くも悪くも中華食堂の坦々麺。 2日連続で亀我楽に振られた時点でケチが付いていた模様。

【赤尾飯店】
住所:東京都多摩市関戸1-10-10
電話:042-374-2405
営業:失念
坦々麺(750円)
ライス(150円)

11月 9, 2004 at 10:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3051180

この記事へのトラックバック一覧です: ~ああ、麺神よこれは試練か?~:

コメント

コメントを書く