« ~やさしい定食~ | トップページ | ~ああ、麺神よこれは試練か?~ »

2004年11月 8日 (月)

~振られてもタダでは転ばぬ麺族の性~

聖蹟桜ヶ丘在住の同僚の話によると多摩市の聖蹟桜ヶ丘の亀我楽(きがら)がおすすめとのこと。 そんな情報を聞いたからには寄らなきゃならないじゃない。てな訳で聖蹟桜ヶ丘で途中下車。 亀我楽を目指す。が、暖簾が降りてる。 店主と思しき方に聞いてみると本日は終わったとの事。残念。 ガックリと方肩落とす。トボトボと駅に向かっていると気になる文字が。 坦々麺?!。次の瞬間、食券を握り締めカウンターに鎮座。 条件反射というのは恐ろしい。程なくして坦々麺登場。 蓮華にスープを掬ってズズイと啜る。芝麻醤の練り胡麻の風味が食欲を刺激する。 ラーメン専門店ということもあり、 は控えめの日本人受けする味だ。でも、 鶏がらのウマミはしっかりしてる。 麺は普通の太さの縮れ麺。食感は悪くは無いのだが、やっぱ、 ストレート麺の方が好みだな。麺を啜り終え、残ったスープにご飯を入れてパクつく。 う~ん、幸せ!

【てんてん】
住所:東京都多摩市関戸2-39-1 ソウアファニープラザ1F
電話:042-356-2711
営業:11:00~23:00 休みなし Pなし
四川坦々麺(750円)
ライス(100円)

11月 8, 2004 at 10:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3051097

この記事へのトラックバック一覧です: ~振られてもタダでは転ばぬ麺族の性~:

コメント

コメントを書く