« ~寒い季節にはやっぱコレ~ | トップページ | 大菩薩嶺登山~その2~ »

2004年11月27日 (土)

大菩薩嶺登山~その1~

昨夜の天気予報では低気圧が日本海を通過するため、風が強くなるとのこと。しかし、 起きてみれば穏やかな天気。絶好の外遊び日和だ。 山道具を車に乗せてイザ出発。 我が家の裏の土手に上がれば西にはポッカリ富士山が顔を出している。 今日は格別に空気が澄んでいるようだ。さあ、もっと間近で富士山を見に行くぞ。
本日目指すは大菩薩嶺。東京の西の端の奥多摩と山梨との県境近くに位置する山で、 日本百名山の一つに数えられる山だ。塩山市から西側を登るのが比較的楽でポピュラーなコースなのだが、のんびり歩きたい。そこで、 東側の小菅方面からアプローチする。
駐車場に車を停めて、最初に向かうは白糸の滝。高低差約40mの滝は、 真っ白なが立ち上るが如き様相。滝つぼに近づいてみれば、 飛沫に映し出される。絶景かな。
少し林道を歩けば、熊出没注意の看板とともに、大菩薩登山口の標識。 ブナと唐松が混在するのどかな登山道をひたすら登る。
登り始めて一時間少々。ようやく尾根筋に到着。 視界が開け東京都最高峰の雲取山がクッキリとした稜線を描いている。さらに歩くこと40分。 登山客で賑わう大菩薩峠に到着。ここで一休み。


11月 27, 2004 at 10:00 午前 山麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3052362

この記事へのトラックバック一覧です: 大菩薩嶺登山~その1~:

コメント

コメントを書く