« ~懐かしの逸店~ | トップページ | 信州蕎麦行脚~その2~ »

2004年10月10日 (日)

信州蕎麦行脚~その1~

午前8時、極悪シミーズ氏に拉致される。 向かっているのは相模湖方面。 山梨かと思いきや中央道に乗り西へとブッ飛んでいく。流石、 極悪非道なインプレッサ乗りとして、とある方面にて名を馳せているだけあり、 次々と前方を塞ぐ車を撃墜していく。撃墜するのに飽きたのか、突如高速を降りる。諏訪湖か・ ・・、と湖の水面を眺めていると狭い路地に入り停車。目的の蕎麦屋に着いた様である。 店に入り、先ほど繰り広げられた撃墜劇ですっかりカラカラになった喉を潤すべく、日本酒& 公魚天を注文。冷酒をグイッとやりつつ公魚の苔の香りを楽しむ。 極悪非道とはいえ、酒の全くダメなシミーズ氏はこんな時には有難い。 日本酒を空けたところで〆にざるを頼む。やや黒味がかった蕎麦は麺線がやや太めで不揃い。 つゆは甘口だ。そのまま麺を啜ってみると、 思いの他甘味が強い。しかし、なにか物足りない。 確かに十分ウマイのだがスンナリしすぎていて今ひとつ心が熱くならない。 観光地ということもあり変な癖はつけれないのだろうが、 そば粉が良いだけについ多くを望んでしまう。

【八州(やしま)】
住所:長野県諏訪市湖岸通り3-1-22
電話:0266-52-2426
営業:10:00~15:00,17:00~20:00 土日は10:00~20:00 木曜休み Pあり
ざるそば(850円)

10月 10, 2004 at 10:00 午前 蕎麦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3040786

この記事へのトラックバック一覧です: 信州蕎麦行脚~その1~:

コメント

コメントを書く