« 久住縦走~落雷に肝を冷す~ | トップページ | ~ホンワカ、でも、コンサル?!~ »

2004年7月24日 (土)

~温うどんで身も心も癒える~

牧の戸峠に冷や汗かきながら、 ズブ濡れになりながら到着し車の中で着替える。 心配なのは吉部から大船へ登っているへのさん達だ。落雷の音は主に大船方面からしていただけに無事だろうか。 何はともあれ吉部登山口へと移動。携帯にメールを入れるもレスポンスなし。 益々心配が募る。坊ヶツルまで安否を確かめに行こうと考えていた時、 へのさん達の元気な姿が。おお!無事だった。 状況を聞くとあまりにも凄まじい落雷のため山頂手前の避難小屋から身動き出来なかったのだとか。 おまけにまで降ってきたのだとか。何はともあれ無事であることを互いに喜ぶ。
冷えた体を温めるべく温泉につかり、 中から温める為に麺処へと向かう。目指すは九重町の春日。 所謂お食事処なのだが、うどんが結構有名との事。店に入りメニューを眺める。煮込み系のうどんが魅力的。 そこで頼むはカレー鍋うどん。 今日の登山について歓談しているとうどん様登場。 木蓋を開けるとカレーのスパイシーな香りが食欲を刺激する。トロミのついたつゆを啜る。 和風ダシとカレーの刺激が心地良い。肝心のうどんは鍋の熱に抗うが如く、 実に<b.噛み応え
のある食感。煮込み用に調整しているのだろう。美味。 口の中を火傷しつつ完食。体の中か温まったぞ!さあ、家に帰ってゆっくりと過ごすとするか。

【お食事処春日】
住所:大分県玖珠郡九重町栗野1140-1
電話:0973-72-9580
営業:10:00~21:00 休みなし Pあり
カレー鍋うどん(650円)

7月 24, 2004 at 11:00 午前 うどん, カレー |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3028334

この記事へのトラックバック一覧です: ~温うどんで身も心も癒える~:

コメント

コメントを書く