« 鹿児島麺行脚~その1~ | トップページ | 北部九州東へ西へ~その1~ »

2004年6月25日 (金)

鹿児島麺行脚~その2~

豚とろを出て再び天文館方面へと歩く。それにしても、 ラーメン屋の看板が至る所にある。どれも興味をそそる。と、 気になる暖簾が。中華食堂的店構えが気になる。よし、入ってみるか。 店に入ると中は期待したとおりの大衆中華食堂的。そしてメニューに目をやる。なぬ? ラーメン250円!何はともあれラーメンを注文。 出てきたラーメンは当初思っていたトンコツではなく綺麗に澄んだスープの。 なかなかの美人だ。スープを啜る。見た目どおりの塩味。 鶏がらの穏やかで旨みが優しい。シンプルなれどなかなかのバランス。 麺はここも角断面の太麺。こちらは加水率低め。かん水を使っていない分優しいスープを邪魔することなく、 うまく馴染んでいる。シンプルに塩茹でされたであろうチャーシューもバランスを崩すことはない。 鹿児島のラーメンは高いというイメージを木っ端微塵にした一杯だった。
連食すればお腹もいっぱい。駅までゆるりと散歩。途中、 こむらさきを見かけたものの胃袋に余裕無し。 途中の公園でザビエル像を眺め鹿児島中央駅に到着。そして列車に乗り込む。初めて見る車体。そう、 九州新幹線つばめ。エアロダイナミクスと輸送効率の追求で流麗でない車体が多くなった新幹線にあって、 実に伸びやかで美しい車体。 車内に入るとそこはJR九州の特急列車に共通する無機的でないセンスのよい温かみのある空間。 木の温もりのあるシートに体を沈める。滑らかな乗り心地を楽しんでいると、 いつの間にか爆睡。心和むこのもてなしの空間にすっかり癒された。



【のり一】
住所:鹿児島県鹿児島市山之口町9-3
電話:099-222-4497
営業:11:00~03:00 日曜休み Pなし
ラーメン(250円)

6月 25, 2004 at 11:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/3026429

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島麺行脚~その2~:

» のり一@鹿児島市 トラックバック 美味拉麺探訪
 4月14日午後、駅近くの「くろいわ 西駅店」で、さささっとラーメン食べてから、少し歩いて前回鹿児島に来たときにフラレていた創業50年以上を誇る超老舗「のり一」へと向かう。 この「のり一」は、とにかく庶民的っていうのか、今どき250円で食べることができる店っ...... 続きを読む

受信: 2005/04/18 11:39:28

コメント

コメントを書く